悪夢の使者 非道人別帳 [四]

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
悪夢の使者 非道人別帳 [四]

(あくまのししゃ・ひどうにんべつちょう4)

森村誠一

(もりむらせいいち)
[捕物]
★★★☆☆☆

はみだし同心・祖式弦一郎と、半兵衛、茂平次が、江戸の悪に立ち向かうシリーズ第4弾。毎話、社会性のある(権力者の腐敗や加害者の非道なふるまいなど)事件を取り上げていて、現代の相通じるところがあり、読後感がよい作品。

森村さんらしい、切れ味の鋭い捕物帳。

物語●「石の罰」では、結婚詐欺、「悪魔の使者」では催眠犯罪、「逆縁の因果」富くじをめぐる事件、「火魔」では密室でのトリック、「禁じられた宴」では、猪熊事件を彷彿させる公家の風紀紊乱ぶりを描いている。
弦一郎と腐れ縁の医師藤崎道庵や、弦一郎を慕う元・天皇直属の女官・お光らも活躍する。 「石の罰」市ヶ谷田町の蕎麦屋に、松平左近将監の用人と名乗る身なりのよい武士が立ち寄り、主君が蕎麦屋の娘を見初めたと伝えた…。「悪魔の使者」江戸の町に大名屋敷や大店を専門に狙う押し込み・いたち小僧が跳梁した…。「逆縁の因果」年の暮れ、仕事にあぶれ、素寒貧の金助は、湯島天神でなけなしの金で、一枚の富くじを買った…。「火魔」売れ筋の本をよく出す地本問屋の離れから小火が出て、旦那の娘と手代が火付けの疑いでしょっぴかれた…。「禁じられた宴」大火の焼け跡の井戸の近くで、椎茸髱の髪形をした大年増の高貴な女性が、一刀のもとに斬り落とされて亡くなっていた…。「夜鷹新造」江戸の外れの大崎村の宝積寺は厄除けと商売繁盛の霊験あらたかという評判で、江戸市中はもとより近郷からも多くの参詣人を集めていた…。

目次■石の罰|悪魔の使者|逆縁の因果|火魔|禁じられた宴|夜鷹新造

イラスト:鴇田幹
AD:石崎健太郎
時代:明記されず
場所:市ヶ谷田町、佃島、熊井町、両国広小路、上野池之端、南新堀二丁目、湯島天神、飯田町、三島町、麹町十三丁目、長谷川町、本石町四丁目、大崎村ほか
(文春文庫・476円・01/08/10第1刷・309P)
購入日:01/08/11
読破日:01/08/18

Amazon.co.jpで購入