スポンサーリンク

かまいたち

かまいたち
かまいたち
宮部みゆき

(みやべみゆき)
[捕物]
★★★☆☆☆

「迷い鳩」と「騒ぐ刀」は、霊験お初シリーズの初期作品。「はやぶさ新八」でおなじみの南町奉行根岸肥前守鎮衛の手になる奇談「耳袋」がモチーフになっている。キャラクターがしっかりしていてシリーズ化が楽しみな作品。宮部さんの作品はどれも、控えめなユーモアと救いのあるラストシーンが読んでいて気持ちいい。

物語●「かまいたち」(享保三年)神田八辻が原の町医者玄庵の娘おようは、世間を騒がす辻斬り・かまいたちの犯行現場を見る。「師走の客」千住の宿屋梅屋に、師走になるといつも逗留する仙台の小間物商常二郎がやってきた。この客はいつも宿賃を干支の置物で払っていた。「迷い鳩」日本橋通町の一膳飯屋・姉妹屋のお初は、小紋の袖を血に染めた商家のお内儀お清に声をかけたことから一騒動に。「騒ぐ刀」南の同心内藤新之助が質屋で換えた脇差しが、夜中にうめき声をあげる。

カバー装画:藤田新策
解説:笹川吉晴(文芸評論家)
(新潮文庫・520円・1996/10/01)
購入日:1996/09/30
読破日:1996/10/06

Amazon.co.jpで購入