本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

初ものがたり

初ものがたり
初ものがたり

(はつものがたり)

宮部みゆき

(みやべみゆき)
[捕物]
★★★☆☆☆

『本所深川ふしぎ草紙』(本作品は、その五年後。手下の文次は二年前に小商いの店の婿に入り堅気になる)で脇を固めた回向院の茂七親分が、この連作では人情味豊かな名推理を働かせ大活躍する。

収録作は、「お勢殺し」大川に女の土左衛門が上がった…。「白魚の目」お稲荷さんの境内で五人の子供たちが折り重なるように倒れていた…。「鰹千両」棒手振りの魚屋の鰹を千両で買おうという話が…。「太郎柿次郎柿」船宿で兄が婚礼を間近に控えた手代の弟を殺した…。「凍る月」新巻鮭が一尾が盗まれ、女中が失踪した…。「遺恨の桜」霊能少年日道が何者かに教われた…。

宮部さんの作品に共通する、ページを繰る楽しさ、読後の爽快さがもちろん味わえる。この人の10年後、20年後の活躍が今から楽しみ。

物語●本所深川をあずかる岡っ引きの茂七親分が、下っ引きの糸吉、権三とともに、江戸の下町で起こる摩訶不思議な事件に立ち向かう。茂七に事件解決のヒントを与える謎の稲荷寿司屋や、超能力をもった拝み屋の少年など、個性あふれる登場人物たちと織りなす人情捕物話の数々。……「鰹」「白魚」「柿」「桜」など、江戸の季節を彩る「初もの」を題材に、ときに哀しく、ときに妖しく描く時代小説。

装幀:菊地信義
装画:木田安彦
時代:江戸後期のどこか。
(PHP文庫・570円・1997/03/17)
購入日:1997/03/08
読破日:1997/03/10

Amazon.co.jpで購入 [<完本>初ものがたり (PHP文芸文庫)]