陰流・闇仕置 松平蒼二郎始末帳 隠密狩り

陰流・闇仕置 松平蒼二郎始末帳 隠密狩り

(かげりゅう・やみしおき・まつだいらそうじろうしまつちょう・おんみつがり)

牧秀彦

(まきひでひこ)
[伝奇]
★★★☆☆

剣の流派と名刀についてのガイドブック『剣豪 その流派と名刀』(光文社新書)の著者による時代小説。

新陰流系の諸流派の源流となった陰流は、志摩五ヶ所の愛洲移香斎久忠(あいすいこうさいひさただ)が室町時代に創始した流派だそうだ。剣の流派については、著者の得意分野。

いきなり、二十四人斬りという凄腕を見せて、主人公の松平蒼二郎は登場する。居合道をやり、剣道の有段者で、刀と剣術に造詣の深い作者らしく、理路整然とした剣術論とリアリスティックなチャンバラシーンが圧巻。

物語は、蒼二郎に配下を全滅させられ、意趣返しを狙う隠密の頭目・福浦慎之丞との対決を描く第一幕、美貌の武家女・澄江との出会いを描く第二幕、薩摩藩の御家騒動を描く第三幕からなる。

物語●浪人・松平蒼二郎(まつだいらそうじろう)は、洲崎の砂浜で、将軍家斉お抱えの隠密・相良忍群二十四人を斬殺した。陰流(かげりゅう)の奥義「蜘蛛の太刀」を体得し、暗殺を生業とするこの男は何者なのか? 日ごろは花月庵蒼生として生花を宗匠を務め、白河藩主・松平定信とも何やら、繋がりがあるらしい謎の人物。
やくざものたちも恐れる船頭の辰次、町医師・日下丈之介、武家点前を秘技とする美貌の武家女・澄江との出会いが、蒼二郎を闇の仕置の世界へと誘うことになる…。

目次■第一幕 隠密狩り/第二幕 復讐の佳人/第三幕 闇の示現流

カバーイラスト:百鬼丸
カバーデザイン:妹尾浩也
ブックデザイン:中谷匡児
時代:文化二年(1805)
場所:江戸・洲崎、中野桃園、柳橋、深川堀川町、門前仲町、吉原、八丁堀、深川元町、高輪、南蔵院、向島、深川入船町、薩摩藩中屋敷ほか
(学研M文庫・667円・03/09/18第1刷・350P)
購入日:03/09/21
読破日:03/11/24

Amazon.co.jpで購入