翁面の刺客

翁面の刺客翁面の刺客
(おきなめんのしかく)
小杉健治
(こすぎけんじ)
[痛快]
★★★★☆

町人殺しの濡れ衣を着せられ、北町奉行所に追われる主人公。そして、翁の面を被った謎の刺客。時は老中水野忠成の時代。ワクワクする設定に食指が動く。

読み始めてすぐに、『白頭巾 月華の剣』(小杉健治著・祥伝社文庫)の続編であることに気付く。前作が白頭巾登場編にあたるためか、主要登場人物の紹介やら、時代背景を描くことなどで、やや消化不良気味であったが、今回はいろいろな要素が盛り込まれていて完成度が高く面白かった。

主人公・隼新三郎は、水野越前守忠邦が幕政に参画する資格を得るために唐津から浜松へ転封を画策した際に反対し、切腹して諫言した家老・早瀬主膳の息子。父の怨みから忠邦が賄賂を送り続ける相手・老中水野忠成への進物を、白頭巾として奪い続けるのだった。新三郎を白頭巾の正体と疑う、同心や岡っ引、旧藩士らに追われ窮地に立つ新三郎。『冤罪』(小杉健治著・講談社文庫)を思わせる捕物劇がサスペンスを高める。

世間知らずで共感をもちにくかった新三郎が、苦界でもがき苦しむ二人の女・おこうとお幸をめぐる事件を通して、成長するところが見どころ。また、親友や昔の許嫁も登場し、波瀾万丈な展開を見せる。

肝心のチャンバラシーンも圧巻。能の所作をヒントにしているのが興味深い。

物語●直心影流の達人・隼新三郎は、「白頭巾」捕縛に執念を燃やす北町同心・村山弦之助の憎しみを買い、町人殺しの濡れ衣を着せられる。新三郎は逃亡を試みるが、鼠一匹這い出せないほどの大包囲網が江戸中に敷かれる。絶体絶命の新三郎の前に、翁の能面を被った謎の刺客が立ちはだかる…。

目次■序章/第二章 逃亡/第三章 牢獄/第四章 決闘/解説 縄田一男

カバーフォト:世界文化フォト+合成:フィールドワーク
カバーデザイン:多田和博
解説:縄田一男
時代:天保期
場所:鍛冶橋御門、横川、亀戸町、冬木町、小名木川、西御丸下、神田明神裏手、神田小柳町、駒形町、深川常磐町、おいてけ堀、本所吉田町ほか
(祥伝社文庫・619円・03/12/20第1刷・379P)
購入日:03/12/29
読破日:04/02/15

Amazon.co.jpで購入