未分類

青色の捕り縄

宇江佐真理さんの『斬られ権佐 (集英社文庫)』を読んでいたら、興味深い記述があった。 … 権佐も父親の次郎左衛門と同じ仕立て屋である。だが、仕事の傍ら、南町奉行所与力、菊井数馬の小者を務めるという裏の仕事も引き受けていた。 嫁の実家にい...
芸道

非道、行ずべからず(1)

ここ数年、1年間に100冊の時代小説を読むことを目標にしてきた。昨年、時代小説は文庫で250冊ぐらい刊行されているので、その半分近くをカバーできる計算になる。しかし、実現はなかなか難しい。昨年は93冊と、もう少しで大台に乗るところだった。...
捕物

欠落ち(1)

GWということで、読書のペースがやや上り、竹内大さんの『欠落ち―公事師政吉御用控 (小学館文庫)』を読了。『神隠し (小学館文庫)』で第一回小学館文庫小説賞佳作入選し、同作品の主人公・公事師の政吉が活躍する捕物シリーズ第3弾だ。 町奉行は...
捕物

君を乗せる舟 髪結い伊三次捕物余話(2)

『君を乗せる舟―髪結い伊三次捕物余話』を読み終えた。髪結いの伊三次が活躍する人情捕物帳の最新リーズだが、今回はちょっと切なくさわやかな余韻が残った。伊三次が小者を務める北町奉行所定町廻り同心不破友之進の息子、龍之介が元服して見習い同心とし...
捕物

君を乗せる舟 髪結い伊三次捕物余話(1)

『君を乗せる舟―髪結い伊三次捕物余話』を読んでいたら、髪結いの伊三次が奈良茶飯を食べるシーンが出てきた。  …  吾妻橋を渡った辺りから糠のような細かい霧雨が降ってきた。傘を差すほどではないが黙っていると顔が濡れる。伊三次は台箱を持ち換え...
剣豪

乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡(2)

「密命」シリーズの第12弾、『乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡〈巻之十二〉 (祥伝社文庫)』を読了した。シリーズの主人公が金杉惣三郎から、息子の清之助にバトンタッチされた記念碑となる作品。回国修行中の金杉清之助は、将軍吉宗のお膝元紀州和歌山で、...
伝奇

白魚の陣十郎―江戸隠密水軍(1)

2カ月半ぶりに髪をカットしに行った。帰りに書店で二宮隆雄さんの最新文庫『江戸隠密水軍 白魚の陣十郎 (ベスト時代文庫)』が刊行されているのを見つけ、即ゲットする。作者の二宮さんは日本を代表するヨットマンで、アメリカズ・カップのテレビ解説も...
市井

蒼龍(3)

山本一力さんの『蒼龍』を読了。仕事や武家の対面、藩の危機、借金など、困難に立ち向かい、力強く生きる人たちを描いた珠玉の短編集。読み終えた後の気分が爽やかで、人としてちゃんと生きなきゃという思いにさせらる。 直木賞を受賞される前に、山本一力...
市井

蒼龍(2)

異動になりGW明けから、新しい仕事に取り組むことになった。異動はサラリーマンには付き物だが、仕事の内容が大きく変わり、不安と期待感、緊張感がないまぜになった不思議な心境だ。 山本一力さんの『蒼龍 (文春文庫)』(タイトルの「竜」の字は「龍...
剣豪

けんか凧―暴れ旗本八代目(2)

今よりも自由に使える時間が多かった4、5年前までは、ハードカバーでお気に入りの作家の新作が出るたびに購入していた。また、大きな書店の歴史・時代小説コーナーで、ちょっと古めの発行日のもので、文庫化されていない掘り出し物を探すのも好きだった。...