捕物

捕物

下積み時代の十返舎一九が怪奇事件に挑むシリーズ最終巻

木村忠啓(きむらちゅうけい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『十返舎一九 あすなろ道中事件帖 新月の夜』(双葉文庫)を入手しました。 本書は、家も妻子も捨てて、戯作者として名を立てるべく、大坂から江戸に出てきた、重田貞一(のちの十返舎一...
捕物

本所の女を救え! 女御用聞・お甲の活躍が光る、第6弾

辻堂魁(つじどうかい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『夜叉萬同心 本所の女』(光文社文庫)を入手しました。 本書は、北町奉行所の隠密廻り方同心・萬七蔵(よろずしちぞう)が、奉行の小田切土佐守直属の内与力・久米信孝の命を受けて、表沙汰に...
市井

鯖猫サバ、子分で定廻同心の「成田屋の旦那」を救え!

田牧大和(たまきやまと)さんの文庫書き下ろし時代小説、『鯖猫長屋ふしぎ草紙(六)』(PHP文芸文庫)は、江戸・根津宮永町の「鯖猫長屋」を舞台にした、大人気の謎解き&人情シリーズの第6弾です。 1カ月ほど前に新刊で入手した本ですが、よう...
女性

パブリシティやら盗賊団捕縛やら、江戸の読売はすごい!

篠綾子さんの文庫書き下ろし時代小説、『絵草紙屋万葉堂 揚げ雲雀(あげひばり)』(小学館文庫)を入手しました。 本書は、絵草紙屋万葉堂の娘さつきが、経営危機の店を立て直すために読売(瓦版)の記者として奮闘する「絵草紙屋万葉堂」シリーズの...
オンデマンド本

半七、七之助、加田三七、伝七ら捕物名人十一人衆、勢ぞろい

捕物出版からオンデマンド本として刊行された『捕物小説 第2集』を入手しました。 本書は、大衆文芸雑誌をイメージした装幀で、昭和を代表する捕物小説の名手によるアンソロジーの第2弾です。 半七、銭形平次をはじめ、遠山の金さん、若さま...
オンデマンド本

往年の捕物小説復刊。若さま侍の推理と剣が冴える

城昌幸(じょうまさゆき)さんの捕物小説をオンデマンド印刷で復刊した、『若さま侍捕物手帖(一)』(捕物出版)を入手しました。 「若さま侍捕物手帖」は、代表的な古典捕物小説である「五大捕物帳」の一つです。 残りの四つは、岡本綺堂さんの「...
オンデマンド本

遊び人はじめました、「遠山の金さん」の推理が冴える捕物小説

山手樹一郎(やまてきいちろう)さんの懐かしの時代小説をオンデマンド印刷で復刊した、『遠山の金さん(上巻)』(捕物出版)を入手しました。 本書は、1983年に春陽堂書店から刊行された『遠山の金さん 山手樹一郎長編時代小説全集十四』を底本...
オンデマンド本

杉良太郎さんの時代劇でおなじみ、往年の名作捕物小説が甦る

陣出達朗(じんでたつろう)さんの捕物小説をオンデマンド印刷で復刊した、『新五捕物帳』(捕物出版)を入手しました。 本書は、1992年に春陽堂書店から刊行された春陽文庫版を底本にオンデマンド本として復刊したものです。 子供のころ、...
剣豪

覚山を襲う刺客、江戸の夜に跋扈する辻斬。波乱の始まり

荒崎一海さんの文庫書き下ろし時代小説、『寺町哀感 九頭竜覚山 浮世綴』(講談社文庫)を入手しました。 本書はチャンバラと謎解きと深川の人情が楽しめる、「九頭竜覚山 浮世綴」シリーズの第3弾です。 主人公は、学問一筋の兵学者、九頭...
オンデマンド本

文明開化期の大阪の町を活写する、「浪花の源蔵」全五巻完結

有明夏夫(ありあけなつお)さんの名作捕物小説、『浪花の源蔵召捕記事全集 第五巻 汚名をそそげ』(捕物出版)を入手しました。 本書は、有明夏夫さんの直木賞受賞作「大浪花諸人往来」シリーズをオンデマンド印刷で復刊し、『浪花の源蔵召捕記事全...