2019-06-30

伝奇

おいらん若君、娘の生き肝を食らう河童の正体を暴く

鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おいらん若君 徳川竜之進 凶嵐』(双葉文庫)を入手しました。 吉原一の花魁にして、尾張徳川家の御落胤・徳川竜之進が、浮き世の悪鬼を成敗する痛快伝奇シリーズの第4弾です。 ...