江戸の季節と人情と恋を堪能できる、極上スイーツ時代小説

深川二幸堂 菓子こよみ(二)知野みさき(ちのみさき)さんの文庫書き下ろし時代小説、『深川二幸堂 菓子こよみ(二)』(だいわ文庫)を入手しました。

本書は、光太郎と孝次郎の兄弟が営む、江戸深川の菓子屋「二幸堂」を舞台に描かれる、極上のスイーツ時代小説の第二弾です。菓子作りと販売の奮闘記を軸に、兄弟の絆と、二人のままならない恋、人々の温かさを描いています。

「華はねえが、味がある……なんともおめえらしいぜ、こうの字よ」光太郎と孝次郎の兄弟が営む菓子屋「二幸堂」。
如才なく得意先を開拓する美男の兄と、不器用だが才ある弟の作る菓子は、江戸深川にしっかりと根を下ろしはじめた――。
王子のせせらぎのような水羊羹「壬(みずのえ)」、生姜の風味爽やかな「夕凪」、香ばしさと舌触りが絶妙な栗饅頭「日向」、瑞兆を映す祝い菓子「冬虹」……。
――孝次郎の作るとびきりの菓子が、縁を言祝ぎ、幸いを呼ぶ――。
(本書カバー裏の紹介文より)

二幸堂に、二人の少年、八郎と太吉が訪ねてくるところから物語が始まります。二人は、孝次郎の古巣・草笛屋の奉公人で、太吉が主人の友人に粗相を働いたことから店を追い出され、行く場所がなくて孝次郎を頼ってきました。

二人を二幸堂で面倒みたいと思いながらも、始めたばかりの小さな店の経営を考えると難しく、光太郎は二人の請け人となって、働き先を探しはじめます。一方で、何かと嫌がらせを仕掛けてくる草笛屋との軋轢は高まるばかり……。

前作で、火事に遭って長屋を焼け出された、想い人・暁音(あかね)と一緒に暮らしたいと願う孝次郎の想いは叶うのか? 二人のもどかしい恋の行方も気になります。

■Amazon.co.jp
『深川二幸堂 菓子こよみ(二)』(知野みさき・だいわ文庫)(第2弾)
『深川二幸堂 菓子こよみ』(知野みさき・だいわ文庫)(第1弾)