本所の女を救え! 女御用聞・お甲の活躍が光る、第6弾

夜叉萬同心 本所の女辻堂魁(つじどうかい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『夜叉萬同心 本所の女』(光文社文庫)を入手しました。

本書は、北町奉行所の隠密廻り方同心・萬七蔵(よろずしちぞう)が、奉行の小田切土佐守直属の内与力・久米信孝の命を受けて、表沙汰にできない難事件を調べる、シリーズ第6弾です。

夜叉萬と綽名される北町奉行所の隠密廻り方同心・萬七蔵。その御用聞を務める元女掏摸のお甲は、幼い頃に自分を捨てた母・お泉と再会。お泉から、岡場所より消えた武家の内儀を捜してほしいと依頼される。一方、七蔵は本両替商の手代・惣三郎が行方不明となった事件を追うが、二人はやがて、暗い欲望を持つある男の元へ辿り着く――。名手による傑作リーズ!
(本書カバー裏の紹介文より)

さて、今回、女御用聞・お甲にスポットを当てられています。お甲は、外神田の花房町で三味線長唄師匠をするかたわら、夜叉萬こと七蔵の御用聞を務めています。

そのお甲が幼い頃に自分を捨て、今は《藪の内》(本所福巌寺門前の岡場所)を仕切っている母・お泉から、岡場所より消えた武家の内儀を捜してほしいと依頼されます……。

これまで謎の多い女として描かれてきたお甲の過去が本書で明らかになっていきます。

■Amazon.co.jp
『夜叉萬同心 本所の女』(辻堂魁・光文社文庫)(第6作)
『夜叉萬同心 冬かげろう』(辻堂魁・光文社文庫)(第1作)