元鍼灸師が著者。江戸のはり治療庵を舞台に描く人情事件帖

ひゃくめ はり医者安眠夢草紙櫻部由美子(さくらべゆみこ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『ひゃくめ はり医者安眠夢草紙』(ハルキ文庫)を入手しました。

本書は、2015年に『シンデレラの告白』で第七回角川春樹小説賞を受賞した、新進気鋭の作家による、初の時代小説です。

元鍼灸師の著者が自身の経験を生かし、江戸のはり治療庵を舞台に描いた人情事件帖ということで、食指が動きました。

古手問屋染井屋の長女音夢は、見合いが立て続けに破談となり途方に暮れていた。自分よりも先に妹たちがつぎつぎと嫁いでいくのを気にして、ついに不眠の病をわずらってしまう。不眠の鍼が得意なことから“安眠先生”と呼ばれる医者がいると聞き、治療に訪れた音夢。近所のご隠居・瓢兵衛は、音夢の病は妖怪“ひゃくめ”の仕業ではないかと言うけれど……。読めば心と身体が軽くなる! 元鍼灸師の著者が、江戸で評判のはり治療庵を舞台に描く人情事件帖。
(本書カバー裏の紹介文より)

物語は、不眠に悩む染井屋の長女音夢(ねむ)が安眠先生と呼ばれる鍼医者のもとに診察を受けにやってくるところから始まります。魅力的な登場人物たちが織り成す、ちょっと不思議で心と身体のツボを押さえる、気持ちの良くなる時代小説です。

■Amazon.co.jp
『ひゃくめ はり医者安眠夢草紙』(櫻部由美子・ハルキ文庫)