江戸では武士も町人も農民も、不動産取引に夢中だった

江戸の不動産歴史家の安藤優一郎さんの歴史読み物、『江戸の不動産』(文春新書)を入手しました。

都市や観光、ビジネスなど現代的な視点から江戸の繁栄を取り上げて、その秘密を解き明かす著作をもつ著者が今回取り上げるのが、「不動産」です。

江戸を世界一の大都市に押しあげた原動力は、活発な不動産取引だった。大名や旗本は郊外の土地を買い漁り、中心部の土地は等価交換で入手。町人、農民も土地取引に参入し、多額の礼金に悩まされつつ、貸家経営などにいそしんだ。知られざる江戸時代の不動産ビジネスの実態を浮き彫りにする。
(本書カバー折り返しの紹介文より)

江戸時代は封建社会として知られているので、土地は固定され、そこに人は縛られていたイメージが強いと思います。

しかし実際のところ、江戸では武士、町人、農民が入り乱れて土地取引に精を出し、その土地を活用して利益をあげる不動産ビジネスが盛んに行われていました。

●目次
第一章 巨大都市・江戸の土地事情
 一 家康、江戸へ入る
 二 火事で拡大した江戸
 三 空き地ビジネスで一挙両得
第二章 武士の不動産商法
 一 大名たちの不動産取引
 二 下級武士の土地活用術
 三 不動産経営にはげんだ武士たち
 四 売りはらわれた所有地
第三章 町人・農民の不動産ビジネス
 一 千葉の豪商、江戸へ進出する
 二 江戸の豪商、礼金に悩まされる
 三 埼玉の豪農、江戸に土地を買う
第四章 幕府の土地を私有地にする裏技
 一 豪農、空き地に目をつける
 二 幕府への裏工作
 三 新町の誕生
第五章 東京の誕生
 一 軍事都市に戻った江戸
 二 さびれゆく武家地
 三 武家屋敷の没収
 四 はじまった土地の争奪戦

ありそうでなかった「江戸の不動産」という切り口が面白く、すいすい読めて、江戸の不動産事情がよくわかります。

■Amazon.co.jp
『江戸の不動産』(安藤優一郎・文春新書)