脱藩さむらいはつらいよ。生国の海、故郷の妻への思い

脱藩さむらい 蜜柑の櫛金子成人(かねこなりと)さんの文庫書き下ろし時代小説、『脱藩さむらい 蜜柑の櫛』(小学館文庫)を入手しました。

藩命により義弟・兵藤数馬を討った香坂又十郎は、故郷の妻から離れて、脱藩さむらいとして、江戸の裏長屋で孤独な闘いの日々を送ります。本書は、「脱藩さむらい」シリーズの第2弾です。

石見国浜岡藩奉行所の同心頭・香坂又十郎と妻・万寿栄の平穏な暮らしは、ある日を境に一変した。万寿栄の弟で勘定役の兵藤数馬が藩政の実権を握る一派の不正を暴くべく脱藩したのだ。藩命抗しえず、義弟を討った又十郎だが、それで、お役御免とはいかなかった。江戸屋敷の目付・嶋尾久作は又十郎を脱藩者と見なし、浜岡藩が表に出せない汚れ仕事を押し付けてくる。このままでは義弟が浮かばれない。数馬が最期に呟いた、下屋敷お蔵方の筧道三郎とは何者なのか。又十郎の孤独な闘いが続く。
(本書カバー裏の紹介文より)

藤沢周平さんの『用心棒日月抄』や佐伯泰英さんの「密命」シリーズなど、脱藩した剣の達人を描いた作品に惹かれます。

本書も、脱藩して江戸で生活を送る主人公・又十郎が、不本意ながら前向きに暮らしていきます。魚釣りと釣った魚を捌き、料理をする、魚さむらいであるところが何とも面白く、物語に深みを出しています。

石見国浜岡藩は浜田藩をモデルにした架空の藩ですが、又十郎は釣りを通して、海に面した生国、そして故郷の妻とつながっているように思います。

■Amazon.co.jp
『脱藩さむらい 蜜柑の櫛』(金子成人・小学館文庫)(第2弾)
『脱藩さむらい』(金子成人・小学館文庫)(第1弾)