望まれない子どもを妊娠した女たちの駆け込み寺、闇医者おゑん

闇医者おゑん秘録帖 花冷えてあさのあつこさんの長編時代小説、『闇医者おゑん秘録帖 花冷えて』(中公文庫)を入手しました。

本書は、望まれない子どもを妊娠した女たちを受け入れる「闇医者」をしているおゑんを主人公にした時代小説シリーズの第2作です。
「闇医者」とは、子堕ろし(堕胎)を行う医者のこと。

竹は女の樹だ。細く、風に容易くしなってしまう。けれど、容易く折れはしない―。江戸の片隅の竹林を背負った家で、「闇医者」として子堕ろしを行うおゑん。彼女はひたむきに信じた愛や、幼き日より育んだ友情を失い、怒り、惑う女たちに助けの手を差しのべる。いきさつのある女たちの再生を描く、人気シリーズ第二弾。
(本書カバー裏紹介より)

おゑんは、堕胎のために訪れた女たちの話を聞き、本当に堕ろしたいのかを確認し、堕ろすにしろ、産むにしろ、女たちの思いに寄り添おうとします。

医療技術が未発達な江戸時代、出産も堕胎も大きな危険がともなっていました。一方では、女性が一人で自由に生きることも難しい時代でもありました。

本書では、「竹が鳴く」と「花冷えて」の2話が収録されています。

少し重いテーマですが、社会の“枷(かせ)”と戦い、真摯に向き合う女性たちが描かれていて、いろいろと考えさせられます。

■Amazon.co.jp
『闇医者おゑん秘録帖 花冷えて』(あさのあつこ・中公文庫)(第2作)
『闇医者おゑん秘録帖』(あさのあつこ・中公文庫)(第1作)