秀吉の正室、寧々の視点を交えて描く、壮大な豊臣興亡記

関ヶ原岡田秀文さんの長編戦国時代小説、『関ヶ原』(双葉文庫)を入手しました。

歴史時代小説の名手による、『賤ヶ嶽』に続く、豊臣興亡記の第2弾。

天下の覇者・豊臣秀吉が死去したことにより起きた豊臣家の内紛。秀吉の恩に報いるべしと立ちあがる石田三成と、満を持して天下統一へと動き出す徳川家康。世に名高い関ヶ原の戦を、秀吉の正室、寧々の視点を交えて描く圧巻の戦記。

寧々のほか、三成、家康、大谷吉継、小早川秀秋など、関ヶ原に集ったそれぞれの武将たちの言動も丹念に描かれています。

この壮大な人間ドラマを通じて、歴史上もっとも名高い会戦といわれる、関ヶ原の戦とは何だったのか、振り返ってみたいと思います。

■Amazon.co.jp
『関ヶ原』(岡田秀文・双葉文庫)
『賤ヶ嶽』(岡田秀文・双葉文庫)