浅草の六軒長屋にやってきた若者と、次々に起きる騒動

江戸は浅草知野みさき(ちのみさき)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸は浅草』(講談社文庫)を入手しました。

雷門で掏摸に遭い路頭に迷っていた真一郎は、六軒長屋の大家・久兵衛に用心棒兼遣い走りとして拾われる。向かいは真夜中に面を打つ謎の美女・多香、隣は女のヒモで洒落者の笛師・大介。長屋で気ままに暮らす住人たちが、町の騒動に立ち向かう。

仕事や恋に悩みながらも懸命に生きるヒロイン・律を描いて大好評の「上絵師 律の似面絵帖」シリーズから一転。本書では、ちょっととぼけたところがある無職で住所不定の男、真一郎を主人公に据えています。

江戸っ子の粋と人情、色恋も、どのように描かれていく楽しみが膨らみます。
謎の美女多香の存在がとても気になります。

■Amazon.co.jp
『江戸は浅草』(知野みさき・講談社文庫)