2018-09

近代

三渓園を作った、横濱一の大富豪・原三渓を描く、近代小説

永井紗耶子(ながいさやこ)さんの長篇小説、『横濱王』(小学館文庫)を入手しました。 2010年、第十一回小学館文庫小説賞を受賞し、『恋の手本となりにけり』(文庫化に際し、『部屋住み遠山金四郎 絡繰り心中』と改題)でデビューし、『帝都東...
幕末

『葵の残葉』をUP

奥山景布子(おくやまきょうこ)さんの歴史時代小説、『葵の残葉』(文藝春秋刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 幕末の尾張徳川家当主徳川慶勝ら、分家の高須松平家出身の四兄弟の目を通して、激動の時代を描いた歴史時代小説。 “...
痛快

『春はまだか くらまし屋稼業』をUP

今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『春はまだか くらまし屋稼業』(ハルキ文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 重篤な母に会いたいという少女・お春の願いを叶えるために、くらまし屋の平九郎が奔走します。しかし、お春は奉公先...
武家

『本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人』をUP

藤木桂(ふじきかつら)さんの文庫書き下ろし時代小説、『本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人』(二見時代小説文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 権力におもねることなく、自らを律し正義を貫く十人の侍たち。「柳之間誓詞」心得を胸に...
未分類

おらんだ忍者了潤、謎の男の手記を追って蝦夷地へ

浮穴みみさんの文庫書き下ろし時代小説、『おらんだ忍者 医師了潤 秘めおくべし』(中公文庫)を入手しました。 了潤が主命により張り込んでいた男が、一心不乱に書き上げた手記には「秘めおくべし」の表書きが……。手記を奪おうとする二人の侍や毒...
伝奇

江戸を騒がす妖術遣いの滝夜叉姫vs.おいらん若君

鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おいらん若君 徳川竜之進 仇花』(双葉文庫)を入手しました。 吉原一の花魁にして、尾張徳川家の御落胤・徳川竜之進が、浮き世の悪鬼を成敗する痛快伝奇シリーズの第2弾です。 ...
未分類

長屋に忍び寄る女盗賊の魔の手。美猫のサバは不穏な動きを…。

田牧大和(たまきやまと)さんの人気時代ミステリー・シリーズ、『鯖猫長屋ふしぎ草紙(五)』(PHP文芸文庫)を入手しました。 長屋で一番偉い猫サバと飼い主の拾楽が暮らす「鯖猫長屋」に、「二キの御隠居」がやって来る。皆に一目置かれる臨時廻...
ミステリー

若き遠山金四郎が、花魁の死の真相に挑む時代ミステリー

永井紗耶子(ながいさやこ)さんの時代ミステリー、『部屋住み遠山金四郎 絡繰り心中』(小学館文庫)を入手しました。 十九歳の遠山金四郎は、前夜話を交わした吉原の花・雛菊が切られて亡くなっているのを発見する。旧知の狂歌師大田南畝、浮世絵師...
戦国

日本、朝鮮、琉球、三つの視点から、秀吉の朝鮮出兵を描く

川越宗一(かわごえそういち)さんの歴史時代小説、『天地に燦(さん)たり』(文藝春秋)を入手しました。 山本兼一、葉室麟、青山文平ら、多くの人気実力派の時代小説作家を輩出してきた松本清張賞の2018年度(第25回)受賞作です。 豊...
作家

明治生まれの文豪たちの、恋に賭けた本気の文章、ラブレター

『文豪たちのラブレター』(別冊宝島編集部編・宝島社)を入手しました。 本書は、文豪たちが本気で恋をして、入魂の言葉を紡いだ手紙を集めたラブレター集です。 文章を書くことを生業とした文豪たちの生々しく自らの心情を描きつくした文章と、垣...