『おれは一万石 一揆の声』をUP

おれは一万石 一揆の声千野隆司さんの文庫書き下ろし時代小説、『おれは一万石 一揆の声』(双葉文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。

『おれは一万石』『塩の道』『紫の夢』『麦の滴』『無節の欅』に続く、「おれは一万石」シリーズの第6作。

米の不作、凶作が伝えられるなか、代官所が対応を誤ったことから、高岡藩に百姓一揆が勃発しました。
年貢の重さに耐えかねて筵旗を掲げて立ち上がる百姓たち。領主に届けと、一揆の声が上がります。

一万石の高岡藩は、小さな村一つ取り上げられただけで、大名ではなくなります。
領民の願いか、幕府への忖度か。世子・井上正紀の決断は!?

おれは一万石 一揆の声|時代小説SHOW

■Amazon.co.jp
『おれは一万石 一揆の声』(千野隆司・双葉文庫)