『蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)』をUP

蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)荒崎一海(あらさきかずみ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)』(講談社文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。

深川の両替屋の小町娘が蓬莱橋から身投げをします。その夜、二件の押込み強盗があり、独り暮らしの妾と質屋の七名が殺されたという話を九頭竜覚山は、北町奉行所同心の柴田喜平次から聞きます……。

複雑に入り組んだ事件は、やがて火付け強盗に発展し、深川を震撼させ、多くの人を嘆き悲しませます。

覚山の剣と推理がますます冴える、シリーズ第2弾です。

蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)|時代小説SHOW

■Amazon.co.jp
『蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)』(荒崎一海・講談社文庫)