市兵衛は、領民を苦しめる北最上藩の政争の渦中へ

銀花 風の市兵衛 弐祥伝社文庫から出た、辻堂魁さんの文庫書き下ろし時代小説、『銀花(ぎんか) 風の市兵衛 弐』を入手しました。

唐木市兵衛と暮らした幼き兄妹小弥太と織江の親戚にあたる金木脩が酔漢に襲われ重傷を負った。柳井宗秀の治療で一命をとりとめたものの、酔漢は実は金木の故郷北最上藩の刺客であることが発覚する。急遽、北最上に奔る市兵衛。

北最上藩では、改革派と名乗る一派による粛清の嵐が吹き荒れています。その渦中に飛び込む市兵衛。北最上の親戚に引き取られた小弥太と織江と再会を果たすことができるのでしょうか。

第1作、2作を経て、市兵衛と兄妹たちのストーリーが続く、「風の市兵衛 弐」シリーズから目が離せません。

■Amazon.co.jp
『銀花 風の市兵衛 弐』(辻堂魁・祥伝社文庫)