2018-08

痛快

『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』をUP

今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 新庄藩火消組、通称ぼろ鳶組の面々の活躍を描く、痛快時代小説シリーズの第六弾。 炎上する吉原の妓楼から、ぼろ鳶...
Kindle本

幕末、敵味方に分かれて戦うことになる、高須四兄弟の物語

奥山景布子(おくやまきょうこ)さんの歴史・時代小説、『葵の残葉(あおいのざんよう)』(文藝春秋)をKindle版で入手しました。 この四兄弟がいなければ、幕末の歴史は変わっていただろう――。 子福者と天下に羨まれた徳川傍流・高須家か...
未分類

『蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)』をUP

荒崎一海(あらさきかずみ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)』(講談社文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 深川の両替屋の小町娘が蓬莱橋から身投げをします。その夜、二件の押込み強盗があり、...
市井

清洲亭に幽霊が出た!? 芸と人情が満載の落語時代小説第2弾

奥山景布子(おくやまきょうこ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『すててこ 寄席品川清洲亭(二)』(集英社文庫)を入手しました。 気のいい大工棟梁・秀八は恋女房のおえいと共に、念願だった寄席を開きます。 幕末の品川に開いた寄席を舞台に、...
武家

権力に媚びず、正義を貫く「武家の鑑」目付の活躍を描く

藤木桂(ふじきかつら)さんの文庫書き下ろし時代小説、『本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人』(二見時代小説文庫)を入手しました。 「風の市兵衛」シリーズをはじめ、幕府の「目付」は時代小説に登場することは珍しくありません。しかし、定員十名の...
痛快

『迷い熊帰る 長屋道場騒動記(一)』をUP

芝村凉也(しばむらりょうや)さんの文庫書き下ろし時代小説、『迷い熊帰る 長屋道場騒動記(一)』(双葉文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 神田弁慶橋近くの老舗菓子舗の裏手に建つ剣術道場の前に旅装の浪人が現れた。男は十年前に...
市井

母に一目会いたい。願いを叶えるために「くらまし屋」は鬼となる

今村翔吾さんの文庫書き下ろし時代小説、『くらまし屋稼業 春はまだか』(ハルキ文庫)を入手しました。 本書は、『くらまし屋稼業』に続く、シリーズ第2弾です。 日本橋「菖蒲屋」に奉公しているお春は、お店の土蔵にひとり閉じ込められてい...
武家

最下級の農民“名子”から武士への出世を目指す男を描く

青山文平さんの長篇時代小説、『励み場(はげみば)』(ハルキ文庫)を入手しました。 本書は、『つまをめとらば』で第154回直木賞(平成27年/2015年下期)を受賞した著者の、受賞後第1作の文庫版です。 “名子(なご)”と呼ばれる...
室町

『室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君』をUP

阿部暁子(あべあきこ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君』(集英社文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 後醍醐天皇が行った建武の中興が武家の反発を招き、足利尊氏が光厳天皇を奉じて新たな朝廷を...
捕物

『このミス』大賞2018 隠し玉。本所が舞台の時代ミステリー

福田悠(ふくだゆう)さんの時代ミステリー、『本所憑きもの長屋 お守様(おもりさま)』(宝島社文庫)を入手しました。 本書は、第16回『このミステリーがすごい!』大賞の「隠し玉」に選ばれた作品です。選考過程で「これは見どころがある」と判...