2007-03

未分類

伊藤英明さんの土方歳三って、どう?

浅田次郎さんの『輪違屋糸里』を読み終えた。輪違屋糸里って聞いてピンとくるのは、相当な新選組通だと思う。新選組の局長芹沢鴨が暗殺されたときに、隊士の平間重助と一緒にいた島原の芸妓の名前である。 輪違屋糸里 上 (文春文庫) 作者: ...
未分類

佐伯泰英さんにお会いする

日本橋三越本店で催された「第3回江戸老舗 味と技の大江戸展」(~3/25まで)に行ってきた。この催事は、東都のれん会のイベントで、東都のれん会の会員店も約40店が出店し、名物や限定品を販売したり、実演するほか、落語や講談など江戸情緒を感じ...
未分類

根岸肥前守が活躍する「耳袋秘帖」シリーズ

風野真知雄さんの『八丁堀同心殺人事件』を読む。南町奉行根岸肥前守鎮衛(ねぎしひぜんのかみやすもり)を主人公とした、『赤鬼奉行根岸肥前』に続く、捕物帳「耳袋秘帖」シリーズの第二弾である。根岸肥前守は、江戸時代の怪奇な話を綴った『耳袋(耳嚢)...
未分類

深川を舞台とした本格市井小説

富樫倫太郎さんの『すみだ川物語 宝善寺組悲譚』を読んだ。富樫さんの作品は未読だったが、『陰陽寮』や『妖説 源氏物語』などの、平安朝を舞台にした伝奇小説で知られる作家である。その富樫さんが、江戸深川を舞台にした物語を書かれたということで、興...
未分類

江戸時代通になれる本

最近、時代小説好きが高じて、江戸時代の魅力に取りつかれている。『山本博文教授の江戸学講座』は、そんな江戸好きにピッタリの本だ。 山本博文教授の江戸学講座 (PHP文庫) 作者: 山本博文,逢坂剛,宮部みゆき 出版社/メーカー: P...
未分類

私塾塾頭を主人公とした時代小説

牧南恭子(まきなみやすこ)さんの『三冬塾ものがたり 秋のひかり』を読む。牧南さんの作品を読むのは、深川を横断する小名木川沿いに住む人々を描いた短篇集『女泣川花ごよみ』以来、2作目になる。『秋のひかり』の主人公は、尾張出身で昌平校で学び、「...
未分類

「闇を斬る」シリーズの同心・桜井琢馬

荒崎一海さんの『おようの恋』を読んだ。「定町廻り捕物帖」とサブタイトルが付けられたこの作品は、荒崎さんの代表作「闇を斬る」シリーズでは傍役ながら主人公の鷹森真九郎を助ける重要な役回りの北町奉行所定町廻り同心・桜井琢馬を主人公とする物語であ...
未分類

狩野派の奥絵師がヒーロー

翔田寛(しょうだかん)さんの『眠り猫』を読んだ。サブタイトルに「奥絵師・狩野探信なぞ解き絵筆」と付けられているように、徳川家に仕える奥絵師狩野探信守道が主人公。探信は、徳川幕府最初の御用絵師、狩野探幽の直系で、鍛冶橋狩野家の家柄だ。江戸狩...
未分類

根岸肥前守を主人公とした新シリーズ

根岸肥前守鎮衛は、平岩弓枝さんの『はやぶさ新八御用帳』や宮部みゆきさんの『霊験お初捕物控』に登場するところから、時代小説ファンにはおなじみの町奉行。大岡越前守や遠山金四郎に次ぐ著名な町奉行といったところか。 はやぶさ新八御用帳(一)...