地震と引用の必需品「ブックストッパー」

夕方、東京で震度3の地震が起きた。会社にいたが、割合大きく揺れた。ちょうど、明日は防災の日で、1923年には関東大震災が起こった日でもある。出久根達郎さんの『安政大変』を読んでいたこともあり、地震の怖さが頭にあったときだった。

安政大変 (文春文庫)

安政大変 (文春文庫)

『安政大変』は、連作形式で安政大地震に見舞われた人々を描いている。その中の一編に、最下級の売笑婦・夜鷹と井戸掘りの男の恋を描いた「おみや」という話がある。

この本によると、江戸の井戸掘りは、職位別の分業制で行われたようだ。

 井戸掘りは、掘り手と、綱子(つなこ)と、音頭取り(おんどとり)、それに雑色(ぞうしき)の出方(でかた)で進められる。一番偉いのが音頭取りで、雑色は粘土水作りや道具運び、職人の飯のお膳立てや、用事で店と現場を往ったり来たりする。

 綱子は、掘り手が掘った穴の土を、綱に結んだ桶で引き上げて捨てる役である。

 音頭取りは穴の上に渡した道板に踏んばって、穴の底の様子を見て、桶を「上げよ」「下げよ」と指図する。「ゆっくり」「急いで」と適確にに判断する。歌を歌って、皆の意欲をかけたてる。

(『安政大変』「おみや」P173より)

井戸掘り歌が全編に挿入されているせいか、哀しいお話なのに何ともいえないペーソスを感じる。出久根さんには、『土龍』というお台場構築工事で、穴を掘る男たちを描いた作品もある。

読書に関するブログを書くことが多いせいか、本から引用することが多い。そんなときに重宝するグッズを入手した。本を見開きの状態にしておくことができる「ブックストッパー」だ。

ブックストッパー

ブックストッパー

f:id:jidai-show:20060831234844j:image

1個でも役立つが、2個あるとピッタリと固定できていい感じだ。