2006-06

未分類

江戸の花火と鍵屋、玉屋

山内美樹子さんの『十六夜華泥棒』は江戸情緒を感じさせる捕物小説。読んでいたら、江戸の花火について解説されていた箇所があり、興味深かった。 十六夜華泥棒―鍵屋お仙見立絵解き (光文社時代小説文庫) 作者: 山内美樹子 出版社/メーカ...
未分類

江戸の美女、笠森お仙が活躍する捕物帳

山内美樹子さんの『十六夜華泥棒』を読んでいる。明和年間(田沼意次の時代)、浮世絵師の鈴木春信の錦絵のモデルとなり、人気者になった谷中・笠森稲荷の茶汲み娘・鍵屋お仙。そのお仙がヒロインとして活躍する捕物帳だ。 十六夜華泥棒―鍵屋お仙見...
江戸学

『土芥寇讎記』は藩主たちの通信簿

磯田道史さんの『殿様の通信簿』によれば、『土芥寇讎記』には藩主の官位・家紋・年齢・家族歴・領地のこと・藩士の風俗など細かいことまで書かれている。とくに藩主の性格や言動などの記述は興味深いものがある。 殿様の通信簿 作...
未分類

実在した幕府の隠密帳を題材にした時代小説

原本が一冊のみ実在するという江戸幕府の隠密帳『土芥寇讎記(どかいこうしゅうき)』。元禄三年に幕府の高官によって記されたという謎の書である。そこには幕府隠密が調べ上げた諸大名243人の驚くべき実態が報告されていた。なかでも、弘前藩主津軽信政...
未分類

読み終えた時代小説の処分をする

昨日、処分する本を片づけをした。 1)近くのスーパーへ段ボールをもらいに行く。 段ボールは清涼飲料水のペットボトルを入れていたものを中心にセレクトする。大きさといい、丈夫さといい、本を収納するのに適していた。 2)処分本と保存本の仕分けを...
未分類

口中医桂助と鶉飼いブーム

和田はつ子さんの『花びら葵』を読む。『南天うさぎ』『手鞠花おゆう』に続く、江戸の歯医者・藤屋桂助が活躍する捕物帳「口中医桂助事件帖」シリーズの第三弾。 桂助の患者だった廻船問屋橘屋の娘お八重の死をきっかけに、橘屋は店を畳むことになる。背後...
未分類

一両=三十万円? 江戸の貨幣価値

磯田道史さんの『武士の家計簿』を読んだ。加賀藩の御算用者の一家が残した古文書をもとに、その家族が経験した歴史を浮かび上がらせるスリリングなノンフィクションであった。それはまた、「ある家族の生活の歴史」であるばかりか、幕末から明治の武家およ...
未分類

時代伝奇もので活躍される三田主水さん

先日HPをなかなか更新できないと泣きを入れたら、伝奇時代小説をテーマにしたサイト「妖々日本史」を運営されている三田主水(みたもんど)さんから、コメントをいただいた。ありがたかった。 ●妖々日本史 三田さんは、山田風太郎さん、柴田錬三郎さ...
未分類

「小説新潮」と山本周五郎賞

「小説新潮」7月号で、山本周五郎賞記念特集をやっていた。第十九回山本周五郎賞は宇月原晴明さんの『安徳天皇漂海記』である。文芸評論家の縄田一男さんによる受賞者インタビューも掲載されている。宇月原さんの作品は、気になりながらも未読。これを機会...
未分類

どうしたら、時代小説の読書録を更新できるか?

今月に入って、「時代小説SHOW」の読書録を更新できていない。この間、アクセスしていただいた人には大変申し訳ないと思っている。そのことが自分の中にストレスとして溜まっている。 さて、いったいどうしたら、「時代小説SHOW」を更新できるよう...