2006-05-26

未分類

朝鮮通信使と徳川家康の密約

荒山徹さんの『魔岩伝説』を読み終えた。前作『魔風海峡』から時代が二百年下った文化八年(1811)に舞台を移し、泰平の時代をどう描くか興味深かったが、荒山さんはとんでもない物語を作り上げていた。 五十年ぶりに朝鮮通信使が来日する直前、その窓...