黒頭巾旋風録(2)

黒頭巾旋風録 (新潮文庫)』を読了した。「黒頭巾、破邪の鞭が悪を討つ。痛快時代小説!」という帯のキャッチどおりに、スカッとする読み味の作品。天保期の蝦夷地で不正と非道の限りを尽くす和人(松前藩の武士や悪徳商人ら)の前に立ちはだかり、虐げられたアイヌを助ける、正義の味方、黒頭巾の活躍を描いている。

読者はすぐに黒頭巾の正体に気づくが、他の登場人物たちは黒頭巾に扮する人物になかなか気づかないところがミソ。しかも、殺生に直結した剣ではなく、鞭を振るうところもヒーロー度とサスペンス性を高めている。この辺りがストーリーテリングのポイントか。

巻末に収録された、作者の佐々木譲さんと逢坂剛さんの対談であきらかなように、北方謙三さんが『林蔵の貌 (新潮文庫)』、船戸与一さんが『蝦夷地別件〈上〉 (新潮文庫)』を書かれたように、冒険小説を代表する人たちがこぞって、幕末の蝦夷地に注目し、面白い時代小説を書かれている。佐々木さんは、その訳を日本の中でも特に他とは違った歴史を持つ地域であることをあげている。

また、「時代小説を書く楽しさとは、現代に設定したら絶対あり得ないような、メリハリのきいた大きなドラマがつくれることですね。もう一つの面白さは、因果応報が非常にくっきりすること」と述べられていて、なんとも興味深い。

林蔵の貌 (新潮文庫)

林蔵の貌 (新潮文庫)

蝦夷地別件〈上〉 (新潮文庫)

蝦夷地別件〈上〉 (新潮文庫)