2005-05-22

剣豪

闇を斬る―直心影流竜尾の舞い(2)

荒崎一海さんの『闇を斬る―直心影流龍尾の舞い (徳間文庫)』は、期待に違わぬ傑作剣豪小説で、読み味がよく一気に読み終えた。 主人公の鷹森真九郎は祝言をあげたばかりの雪江を連れて故郷を脱し、江戸に居を移した。ともに今治藩の上士の家に育ったと...