蒼龍(3)

山本一力さんの『蒼龍』を読了。仕事や武家の対面、藩の危機、借金など、困難に立ち向かい、力強く生きる人たちを描いた珠玉の短編集。読み終えた後の気分が爽やかで、人としてちゃんと生きなきゃという思いにさせらる。

直木賞を受賞される前に、山本一力さんからメールをいただいたことがあった。当時すでに「蒼龍」でオール讀物新人賞を受賞され、『オール讀物』誌に連載されていた『損料屋喜八郎始末控え (文春文庫)』が単行本化されようとしたときである。当時は文芸誌の連載まで守備範囲外ということもあり、すごい人だという認識のないまま、メールをやり取りさせていただいていた。その後、『あかね空 (文春文庫)』で直木賞を受賞されたときは、「蒼龍」の番頭孝蔵さんのようにうれしい思いがした。

オール讀物新人賞というと、宇江佐真理さん、乙川優三郎さんなども受賞している。