御町見役うずら伝右衛門・町歩き(3)

御町見役うずら伝右衛門・町あるき (講談社文庫)』を読了。感想は後日、http://www.jidai-show.net/の方にアップします。尾張藩主徳川宗春と八代将軍吉宗の対立を描く時代小説は多いが、このシリーズはどちらかが一方的に悪いという形になっていないので、気持ち読める。

「町あるき」と題されていたので、のほほんとしたお話ばかりかと思っていたら、当時の武家や庶民の姿を活写した話を収録。中でも、「小便組の女」というドッキリするタイトルで、おねしょをする妾の話で興味深かった。確か『銭形平次』にも、同じような題材が描かれていたのを思い出した。

銭形平次捕物控 新装版 (光文社文庫)

銭形平次捕物控 新装版 (光文社文庫)

本日の読みかけ:

利休遺偈 (小学館文庫)

利休遺偈 (小学館文庫)

茶道表千家七代目家元の壮絶な一生を描く時代小説。