武家

今年の師走は、俳人其角の視点から描かれた忠臣蔵本

小杉健治さんの文庫書き下ろし時代小説、『其角忠臣蔵』(光文社時代小説文庫)を入手しました。 本書は、師の松尾芭蕉の死後、江戸で俳諧の中心人物となった、宝井其角(たからいきかく)こと、榎本其角を主人公とした、異色の忠臣蔵小説です。 ...
戦国

「歴史道」創刊第1号は、戦国小説を読む際の強い味方になる

グラフィカルな誌面で歴史を楽しむ新雑誌、『歴史道 Vol.1』が朝日新聞出版から刊行され、入手しました。 第1号では、「戦国武将の家臣団 最強の法則」を大特集。織田、武田、徳川、豊臣、上杉、島津、伊達、毛利家ほか、人気武将の家臣団をす...
オンデマンド本

古き良き捕物小説を堪能。昭和を代表する一流作家が勢ぞろい

捕物出版からオンデマンド本として刊行された『捕物小説 第一集』を入手しました。 本書は、大衆文芸雑誌をイメージした誌面構成で、昭和を代表する捕物小説の名手による短編を収録したアンソロジーです。 半七、銭形平次をはじめ、風車の浜吉...
平安

東大寺南大門の金剛力士像を手掛けた天才仏師・運慶の生涯を描く

梓澤要(あずさわかなめ)さんの長編時代小説、『荒仏師 運慶』(新潮文庫)を入手しました。 本書は、平安末・鎌倉前期に活躍した仏師、運慶の劇的な生涯を描いた本格歴史小説です。梓澤さんは2017年に本作品で、第23回中山義秀文学賞を受賞し...
ミステリー

江戸の名探偵、多田文治郎が茶会殺人事件の謎に挑む

鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸萬古の瑞雲 多田文治郎推理帖』(幻冬舎文庫)を入手しました。 多田文治郎は、後に書家、漢学、儒学の碩学、洒落本の作者として名をはせる沢田東江(さわだとうこう)です。 ...
歴史読み物

名城の土塁の下に秘された歴史ドラマを掘り起こす

歴史研究者の安藤優一郎さんの最新文庫、『30の名城からよむ日本史』(日経ビジネス人文庫)を入手しました。 本書は、『30の神社からよむ日本史』に次ぐ、一つのテーマから日本史を読み解く歴史読み物です。今回は、30の名城を切り口に、なぜそ...
武家

実在した御庭番、村垣範正の若き日の活躍を描く、新シリーズ

誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『暁に奔る 御庭番闇日記』(双葉文庫)を入手しました。 本書は、万延元年(1860)に、幕府の遣米使節の副使(正使は新見正興、目付は小栗忠順)として海を渡った幕末を代表する能吏...
オンデマンド本

明治の文明開化の大阪を活写する、「浪花の源蔵」第二巻

有明夏夫(ありあけなつお)さんの名作捕物小説、『浪花の源蔵召捕記事全集 第二巻 狸はどこへ行った』(捕物出版)を入手しました。 本書は、有明夏夫さんの直木賞受賞作「大浪花諸人往来」シリーズをオンデマンド印刷で復刊し、『浪花の源蔵召捕記...
剣豪

薙刀を操る最強の女子を探せ! 「若鷹武芸帖」第3弾

岡本さとるさんの文庫書き下ろし時代小説、『姫の一分 若鷹武芸帖』(光文社文庫)を入手しました。 ひと癖ある武芸者たちに支えられて、公儀武芸帖編纂所頭取に就いた若き旗本、新宮鷹之介が活躍する、爽快時代小説シリーズの第3弾です。 主...
ユーモア

崖っぷち商人・清兵衛の、泣いて笑って商売繁盛記

誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『日本一の商人(ひのもといちのあきんど) 茜屋清兵衛奮闘記』(角川文庫)を入手しました。 泉州・堺を舞台に、戦国の世から糸割符(いとわっぷ)制度で商売を大きくした、絹織物を扱う...