痛快

麒麟児・鳥越新之助が火付け殺人の下手人に。ぼろ鳶組最大の危機

今村翔吾さんの、『羽州ぼろ鳶組 玉麒麟(ぎょくきりん)』(祥伝社文庫)を入手しました。 松永源吾率いる、新庄藩の火消、通称・羽州ぼろ鳶組の面々が活躍する、大人気時代小説シリーズの第8巻です。 北村さゆりさんによるカバーの装画に描...
オンデマンド本

往年の捕物小説復刊。若さま侍の推理と剣が冴える

城昌幸(じょうまさゆき)さんの捕物小説をオンデマンド印刷で復刊した、『若さま侍捕物手帖(一)』(捕物出版)を入手しました。 「若さま侍捕物手帖」は、代表的な古典捕物小説である「五大捕物帳」の一つです。 残りの四つは、岡本綺堂さんの「...
ミステリー

将来有望な、イケメン蘭学医の卵は、なぜ心中したのか

山口恵以子(やまぐちえいこ)さんの時代ミステリー小説、『風待心中(かぜまちしんじゅう)』(PHP文芸文庫)を入手しました。 幕末真っ只中の安政五年(1858)、災害が続く江戸、深川を舞台にしたサスペンスに満ちた時代ミステリーです。 ...
市井

脱藩さむらいはつらいよ。生国の海、故郷の妻への思い

金子成人(かねこなりと)さんの文庫書き下ろし時代小説、『脱藩さむらい 蜜柑の櫛』(小学館文庫)を入手しました。 藩命により義弟・兵藤数馬を討った香坂又十郎は、故郷の妻から離れて、脱藩さむらいとして、江戸の裏長屋で孤独な闘いの日々を送り...
幕末

敗者・幕府側の隠密絵師の眼で描く幕末の真実とは

池寒魚(いけかんぎょ)さんの文庫書き下ろし時代小説、『赤心 隠密絵師事件帖』(集英社文庫)を入手しました。 幕末に老中を務めた磐城平藩藩主の安藤対馬守に仕える津坂家の次男として生まれた、誠之進を主人公にした、幕末時代小説シリーズの第3...
痛快

風の市兵衛、若き日に算盤を学んだ大坂へ

辻堂魁さんの文庫書き下ろし時代小説、『縁(えにし)の川 風の市兵衛 弐』(祥伝社文庫)を入手しました。 “算盤侍”唐木市兵衛が、得意の算勘と剣術を発揮して痛快な活躍をする、大人気の時代小説シリーズの最新刊です。 北町奉行所定町廻...
オンデマンド本

遊び人はじめました、「遠山の金さん」の推理が冴える捕物小説

山手樹一郎(やまてきいちろう)さんの懐かしの時代小説をオンデマンド印刷で復刊した、『遠山の金さん(上巻)』(捕物出版)を入手しました。 本書は、1983年に春陽堂書店から刊行された『遠山の金さん 山手樹一郎長編時代小説全集十四』を底本...
伝奇

おいらん若君、江戸の夜を走る怪しい死神医者を追う

鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おいらん若君 徳川竜之進 伏魔』(双葉文庫)を入手しました。 吉原一の花魁にして、尾張徳川家の御落胤・徳川竜之進が、浮き世の悪鬼を成敗する痛快伝奇シリーズの第3弾です。 ...
ユーモア

泥棒をも引き付けてしまう、おけら長屋の不思議な魅力

畠山健二さんの文庫書き下ろし時代小説、『本所おけら長屋 十二』(PHP文芸文庫)を入手しました。 江戸は本所亀沢町にある、貧乏長屋・おけら長屋を舞台にした珍騒動を描いた、笑いと涙と人情がたっぷりと詰まった、人気の時代小説シリーズの最新...
江戸学

百万都市・江戸の謎。大名屋敷から読み解く、“江戸の繁栄”

歴史研究者の安藤優一郎さんの文庫書き下ろし歴史読み物、『大名屋敷「謎」の生活』(PHP文庫)を入手しました。 著者の安藤さんは、『大名屋敷の謎』『大名庭園を楽しむ』をはじめとして江戸に関する多くの読み物・著作物を書かれています。経済活...