本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

『文蔵 2020.5』は、心ときめく「出会い」の物語

『文蔵 2020.5』『文蔵 2020.5』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、職場で、学校で、サークルで…… 心ときめく「出会い」の物語 です。

学生も社会人も新生活の起点となる、春は「出会いの季節」と呼ばれます。
ライターの友清哲さんが、恋愛に発展する「出会い」から、ちょっと不思議な「出会い」や事件につながる「出会い」まで、さまざまな「出会い」が楽しめる現代小説を紹介します。
緊急事態宣言が出されて、人との濃厚接触を止められている今だからこそ、小説の世界では「出会い」を楽しみたいところです。

さて、時代小説ファンとしては、幕末の長崎で西洋料理店を開いた夫婦を描いた、朝井まかてさんの「朝星夜星」、蝦夷地探検家の最上徳内を描いた、西條奈加さんの「六つの村を越えて髭をなびかせる者」、あさのあつこさんの人気シリーズ「おいち不思議がたり」、山本一力さんの「献残屋佐吉御用帖」と、読みごたえのある連載が楽しめます。

⇒『文蔵』ホームページ

■Amazon.co.jp
『文蔵 2020.5』(PHP文芸文庫)

「文蔵」編集部|バックナンバーガイド
「文蔵」編集部|ぶんぞうへんしゅうぶ PHP研究所が発行する、文庫版サイズの月刊の文芸誌。 創刊号は2005年10月号。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...