「2020年4月の新刊(単行本)」をアップ

輪舞曲2020年4月1日から4月30日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年4月の新刊(単行本)」を掲載しました。

今月は、新潮社から刊行される、朝井まかてさんの『輪舞曲(ロンド)』を紹介します。「小説新潮」誌に連載された時代小説の単行本化です。

「私、女優になるの。どうでも、決めているの」。27歳で故郷・津和野から夫と子を捨て出奔、大正の劇壇に輝く女優となるもキャリア絶頂で世を去った伝説の女優・伊澤蘭奢。自分に正直に生き切った劇的な生涯を3人の愛人と息子の目から描く、一世一代の野心作!
(Amazon内容紹介より)

steam
本書の紹介文を読むまで、伝説の女優伊澤蘭奢(いざわらんじゃ)について全く知らなかったです。ウィキペディアで、その波瀾に満ちた生涯を知り、読んでみたくなりました。

蘭奢を描いた小説には、夏樹静子さんの初の伝記小説である『女優Ⅹ 伊沢蘭奢の生涯』がありました。25年前の刊行のようなので、古本で入手してみたいと思います。

『小説新潮 2020年4月号』は、陽春時代小説特集で、青山文平さん、植松三十里さん、木下昌輝さん、近衛龍春さん、永井紗耶子さん、矢野隆さん、諸田玲子さんらの新作を読むことができます。
食指が動くものばかりで、かなり惹かれています。

→2020年4月の新刊(単行本)

■Amazon.co.jp
『輪舞曲』(朝井まかて・新潮社)
『女優Ⅹ 伊沢蘭奢の生涯』(夏樹静子・文春文庫)
『小説新潮 2020年4月号』(新潮社)

朝井まかて|時代小説ガイド
朝井まかて|あさいまかて|時代小説・作家 1959年、大阪府生まれ。甲南女子大学文学部卒業。 2008年、『実さえ花さえ』(のちに『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』と改題)で第3回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞してデビュー。 2014年...