不気味な白い鴉出没。美猫サバの妖退治のはじまりはじまり

鯖猫長屋ふしぎ草紙(八)田牧大和(たまきやまと)さんの時代小説シリーズの最新刊、『鯖猫長屋ふしぎ草紙(八)』(PHP文芸文庫)を献本いただきました。

本書は、根津権現近くの根津宮永町の鯖猫長屋に、売れない画描き・青井亭拾楽と共に暮らす、美猫サバが活躍する、人気の「大江戸謎解き人情ばなし」第八弾です。

「鯖猫長屋」の家主で饅頭屋を営むお智の様子がおかしいと聞いた画描きの拾楽は、頼りになる猫サバを連れて店に出向く。ところが、現れた不気味な白い鴉を見たサバは逃げ出してしまう。一方、「二キのご隠居」の世話をしている太市が、お智の店に行ったまま行方不明になっていることが判明し……。太市は事件に巻き込まれたのか、それとも――。
(カバー裏の内容紹介より)

臨時廻同心で、通称「二キのご隠居」と呼ばれる菊池喜左衛門と深川の庵で暮らす少年・太市は、お智の営む饅頭屋「見晴屋」を訪ねます。お智に挨拶をしようと勝手口に続く路地へ入ったとき、肩に真っ白な鳥が舞い降りてきて、太市を仰天させます。
鳥は大層人懐こく、太市の頬をじゃれるようにつんつんと突いて、「かあ」と泣きます。大きさ、鳴き声は鴉ですが、綺麗な白い羽、綺麗な紅い目をしていました。

 背中から、誰かが太市を捕えた。胸へ腕を回され、首筋にひんやりしたものが当てられる。
 刃物だ、とすぐに気づいた。
 白い鴉が、かあ、かあ、と騒ぎながら、太市の肩から飛び立っていった。
 耳許で、男の声が囁いた。
「坊主、お前ぇが『白鴉』だな。静かにしろ。大人しくしてくれりゃあ、怪我はさせねぇ」
 太市は、忙しく視線を巡らせた。

(『鯖猫長屋ふしぎ草紙(八)』P.14より)

白い鴉が現れて、太市は行方不明になり、お智の様子もおかしくなります。頼りのサバも、白い鴉を避けて、妹分の猫・さくらと姿を隠し、戻ってきたときにはぶるぶると身体を震わせていました。

白い鴉は果たして妖なのか?
消えた太市の行方は?
お智は事件に巻き込まれたのか?
拾楽は謎を解き、サバは妖退治ができるのか?

今回も楽しみがいっぱいの、大江戸「猫」小説の決定版が始まります。

装丁:泉沢光雄
装画:丹地陽子

●目次
其の一 ぼんくらになった猫
其の二 頭に血が上った同心
其の三 縁を結んだ犬
其の四 狙われた長屋

■Amazon.co.jp
『鯖猫長屋ふしぎ草紙(八)』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第8作)
『鯖猫長屋ふしぎ草紙』(田牧大和・PHP文芸文庫)(第1作)

田牧大和|時代小説ガイド
田牧大和|たまきやまと|時代小説・作家 東京都生まれ。 2007年、「色に出でじ、風に牽牛」(刊行時に『花合せ』に改題)で小説現代長編新人賞を受賞してデビュー。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...