2018-08

捕物

『このミス』大賞2018 隠し玉。本所が舞台の時代ミステリー

福田悠(ふくだゆう)さんの時代ミステリー、『本所憑きもの長屋 お守様(おもりさま)』(宝島社文庫)を入手しました。 本書は、第16回『このミステリーがすごい!』大賞の「隠し玉」に選ばれた作品です。選考過程で「これは見どころがある」と判断さ...
幕末維新

捕鯨集団を率いた棟梁・太地覚吾の不屈の人生を描く

伊東潤さんの長篇時代小説、『鯨分限』(光文社文庫)を入手しました。 第4回山田風太郎賞を受賞し、「この時代小説がすごい! 2014年版」で単行本部門で第1位に選ばれた、『巨鯨の海』に続く、圧巻の捕鯨時代小説です。 幕末から明治へ――。捕...
剣豪

『師弟 新・軍鶏侍』をUP

野口卓(のぐちたく)さんの文庫書き下ろし時代小説、『師弟 新・軍鶏侍』(祥伝社文庫刊)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。 前作(『危機』)より、五年の歳月が経過し、タイトルに「新」の文字が入っているように、「軍鶏侍」シーズン2といっ...
ブックガイド

師弟 新・軍鶏侍

五年の歳月が経過し、「軍鶏侍」のシーズン2の始まり 祥伝社文庫から刊行された、野口卓(のぐちたく)さんの文庫書き下ろし時代小説、『師弟 新・軍鶏侍』を紹介します。 七年の歳月が過ぎ、齢五十四となった園瀬藩の道場主岩倉源太夫。だれにも...
新刊情報

「2018年8月の新刊 下」をアップ

2018年8月21日から8月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年8月の新刊 下」を掲載しました。 今回注目するのは、集英社文庫から刊行される、奥山景布子(おくやまきょうこ)さんの『すててこ 寄席品川清洲亭...
スポンサーリンク