スポンサーリンク

仲間が次々といなくなり、「使の者」に絶対絶命の危機が

使いの者事件帖(五) 終わりよければすべてよし誉田龍一(ほんだりゅういち)さんの好評書き下ろし時代小説シリーズの第5作、『使いの者事件帖(五) 終わりよければすべてよし』が双葉文庫より刊行されました。

団扇売りの鹿之丞が何者かに襲われたのに続き、楊枝屋の看板娘・お蝶も男に騙され姿を消す。さらに、ボスの内与力・村雨卯之助までもが謎の侍集団の襲撃を受け、半死半生の重傷を負ってしまう。
仲間が次々といなくなり、悄然とする「使の者」猪三郎だが、一連の事件の黒幕の正体を知り、一人で戦うことを決意する。しかし、猪三郎に姑息な罠が次々と仕掛けられ、絶体絶命の危機が訪れる。

猪三郎が生業にする、「使の者(つかいのもの)」とは、ちょっとした頼まれ事や手紙の配達、言伝などを請け負う仕事です。

その猪三郎と、イケメンの団扇売りの鹿之丞、楊枝屋の看板娘のお蝶は、孤児として長崎の地で育ち、当時の長崎奉行筒井和泉守政憲の家臣、村雨卯之助に養育されました。武芸、格闘技、忍びの技術、特殊な兵器の扱いなどを仕込まれ、村雨の命によって、奉行が表立って手を出せない相手を闇から闇に葬る仕事を秘密裡に行っていました。

毎回、三人がこの世に蔓延る悪を懲らしめる人気シリーズですが、今回が最終巻になります。仲間たちが次々といなくなる、衝撃のストーリー展開、そして猪三郎に絶体絶命のピンチが訪れます。さて、どのような結末を迎えるのか気になります。

■Amazon.co.jp
『使いの者事件帖(一) 女湯に刀掛け』
『使いの者事件帖(二) 口に蜜あり腹に剣あり』
『使いの者事件帖(三) 何れ菖蒲か杜若』
『使いの者事件帖(四) 魚の目に水見えず』
『使いの者事件帖(五) 終わりよければすべてよし』