あさのあつこさんの「おいち不思議がたり」の第2弾が出ました

おいち不思議がたり 桜舞うあさのあつこさんの「おいち不思議がたり」シリーズの2作目『桜舞う』が単行本で発売になりました。

この世に思いを残して死んだ人の姿を見ることができる娘、おいちが活躍する、青春「時代ミステリー」。江戸深川の菖蒲長屋で、医者の父を手伝いながら、自らの手で人生を切り拓き、父のような医者になりたいと夢を膨らませているのだが…。

丹地陽子さんのカバー装画が可憐。桜の時期に読みたい一冊です。