「爽太捕物帖」、久々の復活

北原亞以子さんの『消えた人達』を読み始めました。鰻屋「十三川(とみかわ)」の入聟で十手持ち(岡っ引き)の爽太が活躍する捕物小説の第2弾です。前作の『昨日の恋』からずいぶん時間が経過したように思います。

さて、前作は連作形式で七編を収録していましたが、今回は長編で、主人公の爽太が中山道を駆けるようです。何とも読み進めるのが楽しみです。

コメント