2009-08

スポンサーリンク
お悔やみ

『蒼火』と『夏の椿』-北重人さんの訃報を知り…

旅行中に読んだ地方紙で、北重人さんの訃報に触れてショックを受けた。8月26日、胃がんのため死去。61歳だった。 北さんは、『夏の椿』で本格デビューし、『蒼火』では第9回(2007年)大藪春彦賞を受賞され、『汐のなごり』で140回(2009...
歴史読み物

大名庭園の盛衰を通して江戸を知る

江戸をテーマとする執筆・講演活動を展開する歴史家の安藤優一郎さんの『大名庭園を楽しむ』を読んだ。本書は、江戸の大名屋敷の特徴を現代的な視点で解説した『大名屋敷の謎』の姉妹編にあたる江戸読み物。上屋敷・中屋敷・下屋敷など1000にも及ぶ江戸...
剣豪

主人公が「わけあり」だから面白い時代小説

鳥羽亮さんの『わけあり円十郎江戸暦』を読んだ。PHP文庫から刊行された文庫書き下ろし時代小説。鳥羽さんといえば、この十年くらいコンスタントに多くの時代小説を発表され、そのいずれもが人気のシリーズになっているため、最近、ほとんど読みきれてい...
市井人情

江戸の数学と愛をテーマにした傑作時代小説

鳴海風(なるみふう)さんの『円周率を計算した男』を読んだ。10年ぐらい前に単行本で刊行されたときに読んでいるが、例によってストーリー展開など細部の記憶がすっかり抜け落ちていたので、初めて読むような感じで面白く読めた。鳴海さんは、1992...