2006-07

スポンサーリンク
剣豪

「居眠り磐音」、最新作をゲット

ようやく、昨日になって、「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの最新作『捨雛ノ川』を入手できた。思えば、6月18日の朝日新聞の全5段広告を見て、すぐアマゾンに注文を出したのだが、ほかに2点注文したこともあり、7月4日の配達となった。 捨雛...
江戸

蝦夷地を舞台にした時代小説

「マルコ式ネット白書」でアイヌに関するレポートが掲載されていた。アイヌ民族の歴史を解説するなかで、江戸幕府や松前藩とアイヌ民族の関係が記述されていて興味深かった。 江戸時代の北海道は蝦夷地と呼ばれ、その南端に松前藩が置かれていた。松前藩は...
捕物

浮世絵師・鈴木春信の世界を捕物に

山内美樹子さんの『十六夜華泥棒』を読んだ。江戸中期を代表する美女・笠森お仙を探偵役にした捕物帳。「曲水の宴」「流星菊寿七変化」「五月雨琴の音遊び」「十六夜華泥棒」の連作4編を収録している。いずれの話でもお仙に匹敵するような美女たちが登場す...
伝奇

幕府vs津軽家、忍びの暗闘が見どころ

獏不次男さんの『津軽隠密秘帖』を読了。弘前藩津軽家は、津軽為信のよって南部氏から独立する形で興された。政治の中心から外れた北端の藩のせいか、これまで時代小説で取り上げられることは少なかった。 津軽隠密秘帖 作者: 獏...
2020.03.28