本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

謎の浪人とやくざの三男坊、江戸へ出る

鈴木英治さんの『無言殺剣 火縄の寺』を読んだ。剣の腕は無類だが、一言も口を利かない謎の浪人と古河のやくざ郡兵衛一家の三男坊・伊之助の活躍を描く「無言殺剣」シリーズの第二弾である。片や過去をもつニヒルで無口な剣豪、片や純情ぶりとやさしさがらしからぬやくざの息子の二人が、不思議なことにお互いを認め合い思いやるところが何ともいい。

前作『無言殺剣 大名討ち』で、関宿城主・久世豊広を斬殺した謎の浪人は、伊之助を伴い江戸へ出る。伊之助は、江戸でやくざ見習中の兄作兵衛と伝之助の二人に再会する。しかし、三兄弟の背後には、謎の浪人を追う何者かの罠が迫る……。

剣豪小説の名手である鈴木さんの作品らしく、チャンバラシーンが面白い。とくに、謎の浪人、音無黙兵衛(無口なので伊之助が便宜上付けた名前である)が、掟破りなほど強いのが面白い。1対多の闘いで、多勢に無勢ということがなく、完膚なきまでに相手を倒してしまうのである。

前作が伏線となり、謎の浪人の命が何者かに狙われるのだが、ただ、狙っても倒せないので、敵は卑劣な手を使うのだが……。今回は、伊之助の兄弟が登場したり、黙兵衛が江戸での住まいとする寺の住職として休雲と美人の娘初美が彩りを添えたりして、物語の興趣を盛り上げてくれる。敵役がスケールアップして、主人公の強さを引き出してくれるのもいい。面白い剣豪小説の登場である。

このシリーズ、表紙の百鬼丸さんの立体切り絵がモノクロの中に金が絶妙に配置されていて、カッコよくて好きだ。次回はどんな趣向が待っているのだろうか。