2005-04

伝奇

白魚の陣十郎―江戸隠密水軍(1)

2カ月半ぶりに髪をカットしに行った。帰りに書店で二宮隆雄さんの最新文庫『江戸隠密水軍 白魚の陣十郎 (ベスト時代文庫)』が刊行されているのを見つけ、即ゲットする。作者の二宮さんは日本を代表するヨットマンで、アメリカズ・カップのテレビ解説も...
市井人情

蒼龍(3)

山本一力さんの『蒼龍』を読了。仕事や武家の対面、藩の危機、借金など、困難に立ち向かい、力強く生きる人たちを描いた珠玉の短編集。読み終えた後の気分が爽やかで、人としてちゃんと生きなきゃという思いにさせらる。 直木賞を受賞される前に、山本一力...
市井人情

蒼龍(2)

異動になりGW明けから、新しい仕事に取り組むことになった。異動はサラリーマンには付き物だが、仕事の内容が大きく変わり、不安と期待感、緊張感がないまぜになった不思議な心境だ。 山本一力さんの『蒼龍 (文春文庫)』(タイトルの「竜」の字は「龍...
剣豪

けんか凧―暴れ旗本八代目(2)

今よりも自由に使える時間が多かった4、5年前までは、ハードカバーでお気に入りの作家の新作が出るたびに購入していた。また、大きな書店の歴史・時代小説コーナーで、ちょっと古めの発行日のもので、文庫化されていない掘り出し物を探すのも好きだった。...
剣豪

乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡(1)

最近、HPづくりに時間がかかり過ぎて少し悩んでいた。時代小説を読まないことには、コンテンツが作れないということもあり、ウイークデーは読書に時間を使うようにして、週末にHP更新と決めていたが、なかなかちゃんとこなせていない。平均すると、2週...