2018年6月の新刊 中


時代小説 文庫新刊情報

2018年6月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2018/06/21

2018年6月11日から6月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

光文社文庫より注目の新刊が出ます。

岡本さとるさんの『鎖鎌秘話: 若鷹武芸帖』
将軍家斉から「滅びゆく武芸流派を調べよ」と、武芸帖編纂所の頭取に命じられた、小姓組番衆を務める若き旗本、新宮鷹之介を主人公にしたシリーズ第2作。
今回は「鎖鎌」という、ちょっと枯れた武芸が取り上げられて、興をそそられます。

澤田瞳子さんの『与楽の飯: 東大寺造仏所炊屋私記』は、奈良時代の東大寺大仏建立事業を食の視点から描く、人間ドラマ。

双葉文庫では、芝村凉也さんの新シリーズ、『迷い熊帰る-長屋道場騒動記(1)』が刊行されます。
心優しき巨躯の剣士「迷い熊」が活躍する痛快人情活劇の始まりです。

『烏検校-なにわ人情謎解き帖』は、注目の新人、加瀬政広さんのシリーズの2作目。
幕末の大坂を襲った大地震。西町奉行所同心の鳳大吾は津波に呑まれ、罪人四人を逃がしてしまう。奉行所では七日以内に罪人全員を見つけなければ切腹という裁きが下された……。

今回、もっとも注目しているのは、ハルキ文庫の新刊たちです。

三國青葉さんの『心花堂手習ごよみ』は、女の子だけが通う寺子屋を舞台にした時代小説。丹地陽子さんの装画も素敵です。

葉室麟さんの『神剣 人斬り彦斎』は、幕末、尊攘派の志士として、「人斬り彦斎」の名で恐れられた河上彦斎を描いた長編小説。

山本一力さんの『龍馬奔る 土佐の勇』は、高知出身の著者が描く、「龍馬伝」。中岡慎太郎やジョン万次郎らとのかかわりが興味深く描かれています。

天野純希さんの『衝天の剣 島津義弘伝(上)』は、戦国の猛将・島津義弘を描いた長編小説の待望の文庫化です。

祥伝社文庫から刊行される、志川節子さんの『花鳥茶屋せせらぎ』も読みたい本の一冊です。
花鳥茶屋「せせらぎ」は、上野不忍池に面したおよそ六百坪の敷地に、珍しい鳥を集めた禽舎や植物を配した行楽の苑。その花鳥茶屋に集う、若者たちの成長を描いた青春時代小説です。

講談社文庫の新刊も要チェック。
上田秀人さんの『騒動 百万石の留守居役(十一)』が出ます。
藩主綱紀の使者として赴いた越前松平家の城内で刀を振るうことになった数馬に危難が……。

富樫倫太郎さんの『風の如く 久坂玄瑞篇』は、『吉田松陰篇』に続く、青春時代小説の第2弾。

千野隆司さんの『大店の暖簾 下り酒一番』は、上方からの高級酒下り酒を扱う大店の酒問屋を舞台に、傾きかけた店を立て直すために、商いに奔走する主人公を描く、文庫書き下ろし新シリーズです。

PHP文芸文庫『文蔵 2018.6』は、待望の捕物帳、時代ミステリ特集号です。宮部みゆきさんの新連載「きたきた捕物帳」も始まり、ファンにはうれしい限りです。


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●6月11日発売 講談社・講談社学術文庫
『興亡の世界史 人類文明の黎明と暮れ方』青柳正規『興亡の世界史 人類文明の黎明と暮れ方』
『天皇の歴史7 明治天皇の大日本帝国』西川誠『天皇の歴史7 明治天皇の大日本帝国』
『「神国」日本 記紀から中世、そしてナショナリズムへ 』佐藤弘夫『「神国」日本 記紀から中世、そしてナショナリズムへ 』
●6月12日発売 光文社・光文社文庫
『鎖鎌秘話: 若鷹武芸帖』岡本さとる『鎖鎌秘話: 若鷹武芸帖』
『ひなげし雨竜剣』坂岡真『ひなげし雨竜剣』
『与楽の飯: 東大寺造仏所炊屋私記』澤田瞳子『与楽の飯: 東大寺造仏所炊屋私記』
『秘剣水鏡』戸部新十郎『秘剣水鏡』
●6月13日発売 双葉社・双葉文庫
『異郷のぞみし-空也十番勝負 青春篇』佐伯泰英『異郷のぞみし-空也十番勝負 青春篇』
『群青色の波-口入屋用心棒(41)』鈴木英治『群青色の波-口入屋用心棒(41)』
『片えくぼ-新・知らぬが半兵衛手控帖(5)』藤井邦夫『片えくぼ-新・知らぬが半兵衛手控帖(5)』
『迷い熊帰る-長屋道場騒動記(1)』芝村凉也『迷い熊帰る-長屋道場騒動記(1)』
『烏検校-なにわ人情謎解き帖』加瀬政広『烏検校-なにわ人情謎解き帖』
『わんわん武士道 猛犬、江戸に跳ぶ』経塚丸雄『わんわん武士道 猛犬、江戸に跳ぶ』
『千両役者-恋がらす事件帖(3)』黒木久勝『千両役者-恋がらす事件帖(3)』
●6月13日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『心花堂手習ごよみ』三國青葉『心花堂手習ごよみ』
『幽霊になった女 剣客同心親子舟』鳥羽亮『幽霊になった女 剣客同心親子舟』
『女子大生つぐみと古事記の謎』鯨統一郎『女子大生つぐみと古事記の謎』
『髪結の亭主(十) 空飛ぶ姫』和久田正明『髪結の亭主(十) 空飛ぶ姫』
『神剣 人斬り彦斎』葉室麟『神剣 人斬り彦斎』
『蔦屋重三郎事件帖(二) 謎の殺し屋』鈴木英治『蔦屋重三郎事件帖(二) 謎の殺し屋』
『龍馬奔る 土佐の勇』山本一力『龍馬奔る 土佐の勇』
『衝天の剣 島津義弘伝(上)』天野純希『衝天の剣 島津義弘伝(上)』
●6月13日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『闇奉行 押込み葬儀』喜安幸夫『闇奉行 押込み葬儀』
『花鳥茶屋せせらぎ』志川節子『花鳥茶屋せせらぎ』
『わすれ落雁 読売屋お吉甘味帖』五十嵐佳子『わすれ落雁 読売屋お吉甘味帖』
『はないちもんめ』有馬美季子『はないちもんめ』
『斬り捨て御免 隠密同心・結城龍三郎』工藤堅太郎『斬り捨て御免 隠密同心・結城龍三郎』
●6月13日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『世界一よくわかる坂本龍馬』山村竜也『世界一よくわかる坂本龍馬』
●6月13日発売 彩図社
『教科書には載っていない! 明治の日本』熊谷充晃『教科書には載っていない! 明治の日本』
●6月14日発売 講談社・講談社文庫
『騒動 百万石の留守居役(十一)』上田秀人『騒動 百万石の留守居役(十一)』
『比叡山の鬼 公家武者 信平(三)』佐々木裕一 『比叡山の鬼 公家武者 信平(三)』
『明治維新という過ち・完結編 虚像の西郷隆盛、虚構の明治150年』原田伊織『明治維新という過ち・完結編 虚像の西郷隆盛、虚構の明治150年』
『大店の暖簾 下り酒一番』千野隆司『大店の暖簾 下り酒一番』
『風の如く 久坂玄瑞篇』富樫倫太郎『風の如く 久坂玄瑞篇』
『綺羅の皇女(1)』宮乃崎桜子『綺羅の皇女(1)』
●6月15日発売 KADOKAWA・角川文庫
『隠密同心 闇の密約(一)』小杉健治『隠密同心 闇の密約(一)』
『勇気をくれる日本史 誰も知らない偉人伝』白駒妃登美『勇気をくれる日本史 誰も知らない偉人伝』
●6月15日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『縄文人の死生観』山田康弘『縄文人の死生観』
『縄文土器・土偶』井口直司『縄文土器・土偶』
『真景累ケ淵』三遊亭円朝『真景累ケ淵』
●6月19日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2018.7・8』「文蔵」編集部・編『文蔵 2018.7・8』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年6月の新刊 上(1日→10日)2018年6月の新刊 下(21日→月末) →

コメント

コメント