2018年4月の新刊 中


時代小説 文庫新刊情報

2018年4月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2018/04/20

2018年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今月は、読んでみたい作品が目白押しです。

双葉文庫から、千野隆司さんの『麦の滴-おれは一万石(4)』が出ます。

浜松藩井上家本家が、菩提寺である浄心寺改修のため、それぞれ金二百両の供出を分家である高岡藩井上家、下妻藩井上家に言い渡した。困惑する正紀と正広だが、本家の意向に逆らうわけにはいかない。またもや訪れたこの危機をどう乗り切るのか。

鳴神響一さんの『天命-おいらん若君 徳川竜之進(1)』も楽しみです。
世にも美しい吉原の花魁篝火。その正体は、若鮎の如き美丈夫――。しかも故あって幼少時より吉原に匿われていた尾張家の御落胤、徳川竜之進だったのだ。

祥伝社文庫には、注目の新刊が勢ぞろいです。

佐々木裕一さんの『剣豪奉行 池田筑後』は、幕末に活躍した池田筑後守長発がモデルだろうか。新シリーズでもあり、気になります。

芝村凉也さんの『魔兆 討魔戦記(三)』は、江戸怪奇譚の第3弾。

鳴神響一さんの『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』は、若き日の宮沢賢治が探偵役をつとめる大正ロマン小説。

光文社文庫から、門井慶喜さんの『新選組颯爽録』が刊行されます。
馬術師範をつとめた安富才助、粗暴なる英雄・芹沢鴨。、陸援隊に潜入した密偵・村山謙吉、生真面目な能吏・尾形俊太郎、そして土方歳三と沖田総司といった新選組銘々伝。

宮本紀子さんの『始末屋』は、吉原の妓楼から依頼を受け、客から借金を取立てる始末屋を舞台にした人間模様を描きます。

講談社文庫の新刊では、荒崎一海さんの『門前仲町 九頭竜覚山 浮世綴(一)』に期待しています。
学問一辺倒の堅物兵学者・九頭竜覚山は、ひょんなことから花街門前仲町に仮寓することになり、料理茶屋の用心棒を頼まれることに……。

ハルキ文庫からは、山本巧次さんの『軍艦探偵』に食指が動きます。
「大江戸科学捜査八丁堀のおゆう」シリーズが好調な山本さんの新刊。
第二次世界大戦下の日本海軍で、「軍艦探偵」と呼ばれた海軍士官の活躍を描きます。

中公文庫から出る、奥山景布子さんの新刊『秀吉の能楽師』もマストリードな作品です。
晩年の太閤秀吉に、能の指南役として仕えた、役者・暮松新九郎が見た、秀吉とは?

集英社文庫『隠密絵師事件帖』は、幕末の品川宿を舞台に、生業は絵師で旅籠に居候し、時に旅籠の用心棒、裏の顔は磐城平藩の隠密という司誠之進が活躍する時代小説シリーズです。著者は池寒魚という人で、プロフィールがわからないので、気になります。


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●4月11日発売 双葉社・双葉文庫
『麦の滴-おれは一万石(4)』千野隆司『麦の滴-おれは一万石(4)』
『俺たちの仇討-はぐれ長屋の用心棒(42)』鳥羽亮『俺たちの仇討-はぐれ長屋の用心棒(42)』
『浪人奉行 四ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 四ノ巻』
『天命-おいらん若君 徳川竜之進(1)』鳴神響一『天命-おいらん若君 徳川竜之進(1)』
『禁書売り 〈新装版〉緒方洪庵 浪華の事件帳(1)』築山桂『禁書売り 〈新装版〉緒方洪庵 浪華の事件帳(1)』
『北前船始末 〈新装版〉緒方洪庵 浪華の事件帳(2)』築山桂『北前船始末 〈新装版〉緒方洪庵 浪華の事件帳(2)』
●4月11日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『姫さま淫法剣』睦月影郎『姫さま淫法剣』
『天下御免の無敵剣 ご落胤の血闘』早瀬詠一郎『天下御免の無敵剣 ご落胤の血闘』
『若さま無敵剣 偽りの女敵討ち』藤村与一郎『若さま無敵剣 偽りの女敵討ち』
『おたすけ浪人源八(上巻)』山手樹一郎『おたすけ浪人源八(上巻)』
『おたすけ浪人源八(下巻)』山手樹一郎『おたすけ浪人源八(下巻)』
●4月12日発売 講談社・講談社文芸文庫
『木喰上人』柳宗悦『木喰上人』
●4月12日発売 光文社・光文社知恵の森文庫
『[カラー版]江戸東京の幕末・維新・開化を歩く』黒田涼『[カラー版]江戸東京の幕末・維新・開化を歩く』
●4月12日発売 光文社・光文社文庫
『新選組颯爽録』門井慶喜『新選組颯爽録』
『始末屋』宮本紀子 『始末屋』
『高楼の夢: ふろしき同心御用帳(七)』井川香四郎『高楼の夢: ふろしき同心御用帳(七)』
『烈火の裁き: 人情同心 神鳴り源蔵』小杉健治『烈火の裁き: 人情同心 神鳴り源蔵』
『隠密刺客遊撃組』平茂寛『隠密刺客遊撃組』
●4月12日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『剣豪奉行 池田筑後』佐々木裕一『剣豪奉行 池田筑後』
『縁結びこそ我が使命 占い同心鬼堂民斎5』風野真知雄『縁結びこそ我が使命 占い同心鬼堂民斎5』
『魔兆 討魔戦記(三)』芝村凉也『魔兆 討魔戦記(三)』
『黒太刀 北町奉行所捕物控』長谷川卓『黒太刀 北町奉行所捕物控』
『幻夜行 風烈廻り与力・青柳剣一郎(41)』小杉健治『幻夜行 風烈廻り与力・青柳剣一郎(41)』
『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』鳴神響一『謎ニモマケズ 名探偵・宮沢賢治』
●4月12日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『牡丹ずし 料理人季蔵捕物控』和田はつ子 『牡丹ずし 料理人季蔵捕物控』
『流れの勘蔵 鎌倉河岸捕物控(三十二の巻)』佐伯泰英『流れの勘蔵 鎌倉河岸捕物控(三十二の巻)』
『軍艦探偵』山本巧次『軍艦探偵』
●4月13日発売 講談社・講談社文庫
『門前仲町 九頭竜覚山 浮世綴(一)』荒崎一海 『門前仲町 九頭竜覚山 浮世綴(一)』
『完全版 日本婦道記(上)』山本周五郎『完全版 日本婦道記(上)』
『完全版 日本婦道記(下)』山本周五郎『完全版 日本婦道記(下)』
『新装版 はやぶさ新八御用帳(七) 寒椿の寺』平岩弓枝『新装版 はやぶさ新八御用帳(七) 寒椿の寺』
『風の陣 四 風雲篇』高橋克彦『風の陣 四 風雲篇』
●4月15日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2018.5』「文蔵」編集部『文蔵 2018.5』
●4月18日発売 岩波書店・岩波文庫
『明治維新史 自力工業化の奇跡』遠山茂樹『明治維新史 自力工業化の奇跡』
●4月20日発売 中央公論新社・中公文庫
『秀吉の能楽師』奥山景布子『秀吉の能楽師』
『随想録』高橋是清『随想録』
●4月20日発売 集英社・集英社文庫
『隠密絵師事件帖』池寒魚『隠密絵師事件帖』
『まぼろしの維新 西郷隆盛、最期の十年』津本陽『まぼろしの維新 西郷隆盛、最期の十年』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年4月の新刊 上(1日→10日)2018年4月の新刊 下(21日→月末) →

コメント

コメント