2018年3月の新刊 中


時代小説 文庫新刊情報

2018年3月の新刊 中(11日→20日)
更新日:2018/03/20

2018年3月11日から3月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

幻冬舎時代小説文庫から、上田秀人さんの新刊が2冊出ます。

『妾屋の四季』
大奥や吉原との激闘を潜り抜けた、山城屋昼兵衛、山形将左、大月新左衛門らのその後を描く、「妾屋昼兵衛女帳面」シリーズ外伝

『町奉行内与力奮闘記六 雌雄の決』は、既得権益を守ろうとする町方と、江戸町奉行・曲淵甲斐守と内与力・城見亨の抗争を描く、シリーズ6作目。

講談社文庫では、『決戦!本能寺』に注目。

本能寺の変で、織田信長を、討った男、守った男、そして、何もできなかった男たちを時代小説の名手たちが描きます。
葉室麟(斎藤利三)、冲方丁(明智光秀)、伊東潤(織田信房)、宮本昌孝(徳川家康)、天野純希(島井宗室)、矢野隆(森乱丸)、木下昌輝(細川幽斎)。

集英社文庫から、池永陽さんの『北の麦酒ザムライ 日本初に挑戦した薩摩藩士』が刊行されます。
幕末の薩摩藩に生まれ、薩英留学生になり、日本初のビール製造を成功させた、村橋久成の数奇な人生を描きます。

北方謙三さんの『岳飛伝 17 星斗の章』。いよいよ岳飛は金国との一大決戦へ。ついに完結します。


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●3月11日発売 講談社・講談社学術文庫
『オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家』鈴木董『オスマン帝国の解体 文化世界と国民国家』
●3月14日発売 双葉社・双葉文庫
『またあうよ-わるじい秘剣帖(10)』風野真知雄『またあうよ-わるじい秘剣帖(10)』
『赤銅色の士-口入屋用心棒(40)』鈴木英治『赤銅色の士-口入屋用心棒(40)』
『売笑-蘭方医 宇津木新吾(7)』小杉健治『売笑-蘭方医 宇津木新吾(7)』
●3月14日発売 彩図社・彩図社文庫
『教科書には載っていない! 幕末の大誤解』熊谷充晃『教科書には載っていない! 幕末の大誤解』
●3月14日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『汝よさらば(一) 浮世絵宗次日月抄』門田泰明『汝よさらば(一) 浮世絵宗次日月抄』
『よがり姫 艶めき忍法帖』睦月影郎『よがり姫 艶めき忍法帖』
『奥州 乱雲の剣 はみだし御庭番無頼旅』鳥羽亮『奥州 乱雲の剣 はみだし御庭番無頼旅』
●3月14日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『世界一よくわかる幕末維新』山村竜也『世界一よくわかる幕末維新』
●3月15日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『町奉行内与力奮闘記六 雌雄の決』上田秀人『町奉行内与力奮闘記六 雌雄の決』
『妾屋の四季』上田秀人『妾屋の四季』
●3月15日発売 講談社・講談社文庫
『涙香迷宮』竹本健治『涙香迷宮』
『決戦!本能寺』伊東潤、矢野隆、天野純希『決戦!本能寺』
『闇の梯子』藤沢周平『闇の梯子』
『風の陣 三 天命篇』高橋克彦『風の陣 三 天命篇』
●3月16日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵 2018.4』「文蔵」編集部『文蔵 2018.4』
●3月16日発売 河出書房新社・KAWADE夢文庫
『世にもおぞましい 殺戮の世界史』歴史の謎を探る会『世にもおぞましい 殺戮の世界史』
●3月17日発売 岩波書店・岩波文庫
『源氏物語(三)澪標―少女』柳井滋『源氏物語(三)澪標―少女』
『大隈重信自叙伝』早稲田大学『大隈重信自叙伝』
●3月17日発売 岩波書店・岩波現代文庫
『中国名詩集』井波律子『中国名詩集』
●3月19日発売 講談社・講談社+α文庫
『すらすら読める風姿花伝』林望『すらすら読める風姿花伝』
●3月20日発売 集英社・集英社文庫
『岳飛伝 17 星斗の章』北方謙三『岳飛伝 17 星斗の章』
『北の麦酒ザムライ 日本初に挑戦した薩摩藩士』池永陽『北の麦酒ザムライ 日本初に挑戦した薩摩藩士』
●3月20日発売 幻冬舎・幻冬舎メディアコンサルティング
『武蔵誕生』速島實『武蔵誕生』
『邪馬台国近江説 古代近江の点と線』澤井良介『邪馬台国近江説 古代近江の点と線』

↑ 新刊情報Topへ← 2018年3月の新刊 上(1日→10日)2018年3月の新刊 下(21日→月末) →

コメント

コメント