2017年12月の新刊 下


時代小説 文庫新刊情報

2017年12月の新刊 下(21日→月末)
更新日:2017/12/20

2017年12月21日から12月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今年も残すところ、あと10日。楽しみな新刊があります。

角川文庫からは、葉室麟さんの『蒼天見ゆ』に注目が刊行されます。明治になり、“仇討禁止令”の発布により、仇討ちが禁じられた中、武士の矜持を懸けて挑んだ、日本史上最後の仇討ち!

岡本さとるさんの『恋道行』は、運命的な恋に落ちた若い二人の逃避行を描いた情時代活劇です。

野口卓さんの『波紋 手蹟指南所「薫風堂」』は、雁野直春が師匠を務める「薫風堂」を舞台にしたシリーズ第三作。直春の剣技が見られます。

なぜ日本は軍国主義に傾倒していったのか? 安部龍太郎さんの『維新の肖像』は、明治維新の闇に迫った歴史小説です。

中公文庫の新刊では、植松三十里さんの『志士の峠』が文庫化されます。公家でありながら戦場に立った、「天誅組」中山忠光の苛烈な生き様を描いています。

新潮文庫からは、あさのあつこさんの『ゆらやみ』が出ます。幕末の石見銀山を舞台に、若き女郎と銀掘りの男の愛を描いた長編。

田牧大和さんの『八万遠』も楽しみです。
上王の統べる地、八万遠。建国より千年、二人の少年が出逢います。読み出したら止まらない、エンタメ偽史ファンタジー。


!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月21日発売 講談社・講談社+α文庫
『歴史小説の懐』山室恭子『歴史小説の懐』
●12月21日発売 KADOKAWA・角川文庫
『蒼天見ゆ』葉室麟『蒼天見ゆ』
『江戸の御庭番』藤井邦夫『江戸の御庭番』
『恋道行』岡本さとる『恋道行』
『波紋 手蹟指南所「薫風堂」』野口卓『波紋 手蹟指南所「薫風堂」』
『ポーツマスの贋作』井上尚登『ポーツマスの贋作』
『維新の肖像』安部龍太郎『維新の肖像』
『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』門井慶喜『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』
●12月21日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』上田秋成『雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』
『室町幕府崩壊』森茂暁『室町幕府崩壊』
●12月22日発売 中央公論新社・中公文庫
『新装版 – 旗本始末 – 闕所物奉行 裏帳合(四)』上田秀人『新装版 - 旗本始末 - 闕所物奉行 裏帳合(四)』
『曠野の花 – 新編・石光真清の手記(二)義和団事件』石光真清『曠野の花 - 新編・石光真清の手記(二)義和団事件』
『背教者ユリアヌス(一)』辻邦生『背教者ユリアヌス(一)』
『志士の峠』植松三十里『志士の峠』
『妻たちの二・二六事件 – 新装版』澤地久枝『妻たちの二・二六事件 - 新装版』
●12月25日発売 新潮社・新潮文庫
『故郷はなきや: 新・古着屋総兵衛 第十五巻』佐伯泰英『故郷はなきや: 新・古着屋総兵衛 第十五巻』
『ゆらやみ』あさのあつこ『ゆらやみ』
『八万遠』田牧大和『八万遠』
『英傑: 西郷隆盛アンソロジー』池波正太郎ほか『英傑: 西郷隆盛アンソロジー』
『西郷隆盛はどう語られてきたか』原口泉『西郷隆盛はどう語られてきたか』
●12月25日発売 角川春樹事務所・ハルキ文庫
『特命見廻り 西郷隆盛』和田はつ子
●12月28日発売 三笠書房・王様文庫
『世界史ミステリー: 歴史は、つねに「嘘」をつく』博学面白倶楽部『世界史ミステリー: 歴史は、つねに「嘘」をつく』

↑ 新刊情報Topへ← 2017年12月の新刊 中(11日→20日)

コメント

コメント