2017年1月の新刊 上


時代小説 文庫新刊情報

2017年1月の新刊 上(1日→10日)

更新日:2017/01/14

2017年1月1日から1月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

PHP文芸文庫から刊行される、岩井三四二さんの『死んだのか、信長』は、本能寺の変の一報を聞いた、男たち、女たちを描いた連作短編集。『とまどい本能寺の変』を改題したもの。

江上剛さんの怪物商人』は、幕末から戦前にかけて、一代で財閥を築き上げた、大倉喜八郎を描いた長編小説。

『三鬼の剣』は、鳥羽亮さんの時代小説デビュー作。その後の大活躍の原点となった記念碑的な傑作。久々に読み返してみたくなりました。

年明け6日に、佐伯泰英さんの大人気シリーズ「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの続編で、坂崎磐音の嫡男・空也を主人公にした新シリーズが始まります。双葉文庫『声なき蝉(上) 空也十番勝負 青春篇』です。

文春文庫から、浅田次郎さんの『黒書院の六兵衛』が出ます。幕末、江戸城明け渡しに揺れる幕臣をユーモラスに描いた長編小説。

藤沢周平さんの『蝉しぐれ』が文字が大きくなり、上下巻の新装版となって刊行されます。

徳間文庫から出る、宮本昌孝さんの『乱丸』はマストリード(読まねばならない)の作品。猛将・森三左衛門の三男で、織田信長の小姓として仕えた、森乱丸(森蘭丸)を主人公にした、戦国ロマンです。

『似非遍路 高瀬川女船歌 九』は、大坂との舟運の中心地・京の高瀬川界隈を舞台に、人々の人生の一こまを情感豊かに描く市井人情シリーズの第九作。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:読んだことがある/持っている
:気になる/チェックしたい
:ブックガイド掲載
:文庫書き下ろし

●1月6日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『死んだのか、信長』岩井三四二『死んだのか、信長』
『怪物商人』江上剛『怪物商人』
『三鬼の剣』鳥羽亮『三鬼の剣』
●1月6日発売 PHP研究所・PHP文庫
『徳川家康 逃げて、堪えて、天下を盗る』岳真也『徳川家康 逃げて、堪えて、天下を盗る』
『井伊直虎と戦国の女100人』川口素生『井伊直虎と戦国の女100人』
『歴史を歩く 信長 戦いの若き日々 誕生から「天下布武」まで』泉秀樹『歴史を歩く 信長 戦いの若き日々 誕生から「天下布武」まで』
『超入門! 江戸を楽しむ古典落語』畠山健二『超入門! 江戸を楽しむ古典落語』
●1月6日発売 青春出版社・青春文庫
『大人の教科書 日本史の時間』大人の教科書編纂委員会編『大人の教科書 日本史の時間』
●1月6日発売 双葉社・双葉文庫
『声なき蝉(上) 空也十番勝負 青春篇』佐伯泰英『声なき蝉(上) 空也十番勝負 青春篇』
『声なき蝉(下) 空也十番勝負 青春篇』佐伯泰英『声なき蝉(下) 空也十番勝負 青春篇』
●1月6日発売 朝日新聞出版 ・朝日文庫
『日本国憲法をつくった男宰相 幣原喜重郎』塩田潮『日本国憲法をつくった男宰相 幣原喜重郎』
●1月6日発売 文藝春秋・文春文庫
『徳川がつくった先進国日本』磯田道史『徳川がつくった先進国日本』
『五つの証文 幕府役人事情 浜野徳右衛門』稲葉稔『五つの証文 幕府役人事情 浜野徳右衛門』
『春雷道中 酔いどれ小籐次(九)決定版』佐伯泰英『春雷道中 酔いどれ小籐次(九)決定版』
『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』春日太一『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』
『黒書院の六兵衛(上)』浅田次郎『黒書院の六兵衛(上)』
『黒書院の六兵衛(下)』浅田次郎『黒書院の六兵衛(下)』
『蝉しぐれ(上)』藤沢周平『蝉しぐれ(上)』
『蝉しぐれ(下)』藤沢周平『蝉しぐれ(下)』
●1月7日発売 徳間書店・徳間文庫
『乱丸 天』宮本昌孝『乱丸 天』
『乱丸 地』宮本昌孝『乱丸 地』
『乱丸 人』宮本昌孝『乱丸 人』
『炎の忠義 中條流不動剣四』牧秀彦『炎の忠義 中條流不動剣四』
『侠客 一 拵屋銀次郎半畳記』門田泰明『侠客 一 拵屋銀次郎半畳記』
『百忍斬り 無言殺剣』鈴木英治『百忍斬り 無言殺剣』
『似非遍路 高瀬川女船歌九』澤田ふじ子『似非遍路 高瀬川女船歌九』
●1月7日発売 徳間書店・徳間文庫カレッジ
『史記 八  『史記』小事典』久米旺生『史記 八  『史記』小事典』
●1月9日発売 河出書房新社・河出文庫
『応神天皇の正体』歴史の謎を探る会 編『応神天皇の正体』
●1月10日発売 コスミック出版・コスミック時代文庫
『浪人若殿』山手樹一郎
『無敵の殿様 天下御免の小大名』早見俊
『若旦那伊三郎 くるわ奉公』早瀬詠一郎
『流星刀しのび恋』睦月影郎
●1月10日発売 講談社・講談社文芸文庫ワイド
『日和下駄 一名 東京散策記』永井荷風『日和下駄 一名 東京散策記』
●1月10日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『その後の慶喜 大正まで生きた将軍』家近良樹『その後の慶喜 大正まで生きた将軍』
『聞書 遊廓成駒屋』神崎宣武『聞書 遊廓成駒屋』
『教科書で読む名作 陰翳礼讃・刺青ほか』谷崎潤一郎『教科書で読む名作 陰翳礼讃・刺青ほか』
●1月10日発売 文芸社・文芸社文庫
『膝切り地蔵/平安の嵐』濱昌宏『膝切り地蔵/平安の嵐』

↑ 新刊情報Topへ← 2016年12月の新刊 下(21日→月末)2017年1月の新刊 中(11日→20日) →

コメント

コメント