戦国時代編(応仁の乱から関ケ原の戦い) | 時代小説年表


時代小説年表

時代小説で楽しむ年表 【戦国時代・安土桃山編】
応仁の乱から関ケ原の合戦まで
応仁元年(1467)~慶長七年(1602)

西暦 年号 天皇 将軍/
為政者
できごと 作品
1467 応仁元 後土御門 義政 応仁の乱起こる はては嵐の~尼首二十万石
1468
1469 文明元
1470
1471 古河公方足利成氏、伊豆に出兵し堀越公方足利政知と戦い敗れる
1472
1473 義尚 山名宗全(70)没。細川勝元(44)没
1474 加賀国一向宗徒蜂起し守護富樫政親と戦う
1475
1476 疾き雲のごとく~道灌謀殺
1477 応仁の乱終結
1478 百人一首できる 七福盗奇伝
1479 十一
1480 十二
1481 十三
1482 十四
1483 十五
1484 十六
1485 十七 山城国一揆
1486 十八 上杉定正、太田道灌(55)を殺害
1487 長享元 宗祇、三条西実隆に古今集の講釈を始める 妄執の人~義輝異聞 将軍の星
1488 里見義実(72)没。加賀国一向宗徒、守護富樫政親を自殺に追い込む
1489 延徳元 義尚(25)没 ふたり道三 上・中・下
1490 義材(義稙) 義政(55)没
1491 足利義視(53)没。足利政知(57)没。北条早雲、堀越公方を殺し伊豆国を奪取 花僧 池坊専応の生涯前髪公方~義輝異聞 将軍の星
1492 明応元 疾き雲のごとく~修善寺の菩薩疾き雲のごとく~箱根山の守護神
1493 紅楓子の恋~義輝異聞 将軍の星
1494 義高(義澄) 疾き雲のごとく~守護家の馬丁
1495
1496 日野富子(57)没
1497
1498
1499
1500 後柏原
1501 文亀元
1502
1503
1504 永正元 疾き雲のごとく~稀なる人
1505
1506 毛利弘元(39)没
1507
1508 義尹(義稙) 義澄、義尹の上洛を聞き近江に逃れる
1509
1510
1511 義澄(32)没
1512
1513 疾き雲のごとく~かわらけ
1514 十一
1515 十二
1516 十三 毛利興元(24)没
1517 十四
1518 十五 百舌と雀鷹~鬼骨の人
1519 十六 北条早雲(88)没。大内義興、尼子経久と交戦
1520 十七
1521 大永元 義晴 大内義興、義晴の仲介で尼子経久と和睦
1522
1523 義稙(58)没。元就、毛利家を継ぎ吉田城へ入る
1524
1525
1526 後奈良
1527
1528 享禄元 大内義興(52)没
1529
1530 新・今川記 戦国幻野
1531 足利政氏(66)没
1532 天文元
1533
1534
1535 眩惑
1536 久我豊通(78)没 カルチェ・ラタン[西洋]
1537 今川義元、武田信虎の娘と結婚
1538 洛中洛外画狂伝 狩野永徳
1539
1540
1541 武田信虎、息子晴信に駿河へ放逐される。北条氏綱(55)没。尼子経久(84)没
1542 十一 武田晴信、諏訪頼重を自殺させる。池坊専応花道の口伝を著す 血路 南稜七ツ家秘録
1543 十二 鉄砲伝来 一生不犯異聞~時代小説 読切御免第一巻月を吐く
1544 十三 忍者からす
1545 十四
1546 十五 義輝 無名の虎
1547 十六 剣豪将軍義輝 上 鳳雛ノ太刀/中 孤雲ノ太刀/下 流星ノ太刀
1548 十七 武田晴信部将板垣信方ら戦死する。長尾景虎、家督を継ぎ越後春日山城に入る。信長、斎藤道三の娘濃姫と婚姻する
1549 十八 イエズス会宣教師鹿児島上陸 千利休とその妻たち 上・下哄う合戦屋妖臣伝 厳島合戦異聞 上・下
1550 十九 義晴(40)没 大友二階崩れ~戦国繚乱
1551 二十 織田信秀(42)没。大内義隆(45)、陶隆房の兵に襲われ自刃 まぼろしの城
1552 二十一 関東管領上杉憲政、北条氏康に追われ長尾景虎を頼る 無明長夜の剣~風塵
1553 二十二 武田信玄、上杉謙信と川中島で交戦 桶狭間の露~本能寺の首 人間の剣 戦国編(一)天下を呑んだ男 「秀吉」が生れた朝闇の太守 御贄衆の巻
1554 二十三 義輝異聞 将軍の星あるじは家康
1555 弘治元 毛利元就、陶晴賢(隆房)を厳島で自刃に追い込む(35)
1556 斎藤道三(63)、息子義竜と戦い敗死 若獅子家康
1557 正親町 大友義鎮、秋月文種を攻め殺す 戦鬼たちの海 織田水軍の将・九鬼嘉隆神々に告ぐ 上・下
1558 永禄元
1559 空白の桶狭間
1560 桶狭間の戦いで今川義元(42)死す 火天の城陣借り平助戦国自衛隊遁げろ家康 上・下睡猫~秘剣龍牙馳けろ雑兵新三河物語 上・中・下
1561 斎藤義竜(35)没、川中島の戦い
1562 大村純忠、肥前国にキリスト教会堂を建立する どえりゃあ婿さ~大剣豪海翁伝
1563 家康、一向宗徒と交戦する 城盗り藤吉郎柳生一族日輪を狙う者
1564 三好長慶(42)没 鬼骨の人
1565 義栄 松永久秀、将軍義輝(30)を殺害 六華~秘剣 虎乱覇王の海 海将九鬼嘉隆幽斎玄旨五右衛門新傳説
1566 男たちの渇き~壮心の夢神剣の守護者
1567 信長、斎藤竜興の美濃稲葉城攻略する。東大寺大仏殿炎上 功名が辻(一)~(四)遊部 上・下
1568 十一 義昭 足利義栄(29)阿波で没 本能寺 上・下戦国地蔵~木戸のむこうに天正十年夏ノ記レオン氏郷
1569 十二 信長、足利義昭を奉じて入洛
1570 元亀元 信長、姉川の合戦で浅井長政を破る。石山合戦始まる
1571 毛利元就(75)没。北条氏康(57)没
1572 忍者四貫目の死~侍はこわい
1573 天正元 信長、将軍義昭を廃絶。朝倉義景(41)、信長に攻められ自刃。浅井長政(29)自刃。
1574 信長 羽柴秀吉、長浜城に入城 海狼伝
1575 長篠の合戦で、武田勝頼敗れる 異形の者 甲賀忍・佐助異聞有明の月 豊臣秀次の生涯乱世が好き 上・下
1576 安土城完成し、信長移る 狂気の父を敬え風の武士~花鳥の乱 利休の七哲
1577 信長、紀州雑賀に侵攻。松永久秀(68)自刃。秀吉播磨国上月城攻略 わかれ ―半兵衛と秀吉
1578 上杉謙信(49)没。荒木村重、信長に背く 津軽風雲録
1579 安土宗論。竹中半兵衛(36)没。家康、息子信康(21)を自殺させる。荒木村重、有岡城脱出。 海王伝半蔵幻視
1580 別所長治切腹、三木城落城。顕如、信長と和睦し、石山合戦終結 滅びの将 信長に敗れた男たちまりしてん誾千代姫
1581 吉川経家切腹、鳥取城落城 信長燃ゆ 上・下
1582 大友・有馬・大村氏、ローマ法王に使節派遣。本能寺の変で信長(49)、信忠(26)自刃。清水宗治切腹、高松城落城。明智光秀(55)、山崎の合戦で土民に殺される。家康の伊賀越え 信長の棺とど~御家の狗魔剣士 黒鬼反魂篇光秀の十二日戦国城砦群剣法奥儀松林図屏風天を裂く 水野勝成放浪記
1583 十一 秀吉 秀吉、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を破り、勝家(62)北ノ庄で自刃。秀吉大阪城に入城
1584 十二 秀吉、長久手で家康と交戦。筒井順慶(36)没 葉隠物語
1585 十三 四国征伐。伊達輝宗(42)殺害される おのれ筑前、我敗れたり草笛の剣 上・下
1586 十四 後陽成 家康、秀吉妹旭姫を娶る。蜂須賀正勝(61)没。滝川一益(62)没。吉川元春(57)没。秀吉太政大臣となり、豊臣姓を受ける。荒木村重(52)没 城井一族の殉節~戦国繚乱
1587 十五 九州征伐。バテレン追放令発令。大村純忠(55)没。大友宗麟(58)没 仮面疾風
1588 十六 秀吉肥後国を加藤清正と小西行長に分与。宗義調(57)没 幻海 The Legend of Ocean
1589 十七 真田昌幸家康と講和し、息子信之を人質に送る 水の城  いまだ落城せず利休燈籠斬り~運命の剣 のきばしらけろり道頓~おれは権現
1590 十八 小田原征伐。秀吉関東八国を家康に付与 奥羽の二人傍若無人剣江戸打入りマルガリータ
1591 十九 豊臣秀長没。千利休(71)自刃す 利休啾々梟の城
1592 文禄元 秀吉征明軍を編成。小西行長釜山鎮城を陥す(文禄の役)。大政所没 黒衣の宰相黒南風の海 加藤清正「文禄・慶長の役」異聞粧刀吹毛~秘剣埋火はぐれ五右衛門
1593 秀頼誕生。小西行長ら沈惟敬の和議し、京城を撤退。ルイス・フロイス、長崎で没
1594 太閤暗殺五右衛門妖戦記
1595 蒲生氏郷(40)没。豊臣秀次(28)、秀吉の命により自殺 仲冬の月~宗旦狐 茶湯にかかわる十二の短編宮本武蔵
1596 慶長元 秀吉方広寺大仏殿に千僧供養を行う
1597 朝鮮出兵(慶長の役)。小早川隆景(65)没。足利義昭(61)没 朝鮮出兵異聞 李舜臣将軍を暗殺せよ 高麗秘帖城のなかの人
1598 豊臣秀吉(63)没。 魔風海峡 上 死闘!真田忍法団/下 血戦!高麗七忍衆群雲、関ヶ原へ 上・下島津奔る 上・下花と火の帝 上・下捨て童子・松平忠輝 上・中・下
1599 家康 前田利家(62)没。福島正則、加藤清正ら石田三成殺害を図るが、三成伏見へ逃れ家康を頼る。瀬戸黒茶碗、織部茶会に初登場 航海者 上・下
1600 会津討伐。関ケ原の合戦で大谷吉継(42)没。三成、行長、安国寺恵瓊、六条河原で斬首。九鬼嘉隆自殺 伏見城恋歌~時代小説 読切御免第二巻奇策 北の関ヶ原・福島城松川の合戦どもり浪人~浪人列伝風の如く 水の如く風塵青嵐の馬影武者徳川家康 上・中・下鳥もかよわぬ~孤島物語関ヶ原連判状神州魔風伝捨剣 夢想権之助神州纐纈城霧隠れ雲隠れ無双の花
1601 幻剣 蜻蛉
1602 井伊直政(41)没。前田玄以(64)没。方広寺大仏殿焼失 金沢城嵐の間神無き月の十番目の夜
時代小説で楽しむ年表:
【戦国時代・安土桃山】
【江戸時代前期】【江戸時代中期】【江戸時代後期・明治初期】

コメント

コメント