江戸時代中期編(享保の改革から化成期) | 時代小説年表


時代小説年表

時代小説で楽しむ年表 【江戸時代中期】
享保の改革から化成期まで
享保元年(1716)~文政十二年(1829)

←前を見る
西暦 年号 天皇 将軍 できごと 作品
1716 享保元 中御門 吉宗 家継没。間部詮房、新井白石罷免 魔剣 2 朱雀ノ巻魔剣 1 玄武ノ巻密命 弦月三十二人斬り幕府隠密帳殺生方控 あばれ奉行暗殺者の神話化粧の裏 御広敷用人 大奥記録(二)女の陥穽 御広敷用人 大奥記録(一)
1717 大岡忠相を江戸町奉行に任命 密命 残月無想斬り
1718 冬の蝉最後の忠臣蔵刺客 密命・斬月剣
1719 本所奉行(中町奉行?)を廃止 火頭 密命・紅蓮剣瑠璃の寺
1720 江戸町火消しいろは組を設置 大岡の鈴 あっぱれ三爺世直し帖
1721 目安箱を評定所前に設置 やさぐれ 品川宿悪人往来
1722 小石川に養病所を設置し、窮民を施療する 極意 密命・御庭番斬殺
1723 追善 密命・死の舞河岸の夕映え 神田堀八つ下がり乱雲 密命・傀儡剣合わせ鏡
遺恨 密命・影ノ剣
1724 甲府勤番を設置。柳沢吉里、甲斐国甲府より大和国郡山藩へ国替え 尼首二十万石
1725 新井白石没。白子屋お熊事件が起こる 影十手活殺帖
1726 十一
1727 十二 鹿児島藩士落合孫右衛門、甘蔗を浜離宮で栽培 おねだり女房 影十手活殺帖
1728 十三 吉宗、日光東照宮に参詣 つむじ風お駒事件帖 疾風独楽
1729 十四 長崎の中国人商人、象を江戸に連れてくる
1730 十五 大坂の堂島米会所で米の先物取引が始まる
1731 十六
1732 十七 御町見役うずら伝右衛門・町あるきかおばな憑依帖
1733 十八
1734 十九 紀国屋文左衛門没 必殺剣「二胴」
1735 二十 桜町 札差平十郎
1736 元文元 貨幣改鋳。大岡忠相、大名になる 竜門の衛いさご波
1737
1738 大盗賊・日本左衛門 上・下仲蔵狂乱喜知次
1739 尾張藩主徳川宗春、蟄居
1740 芋奉行 青木昆陽
1741 寛保元
1742 関東、江戸水害
1743
1744 延享元 江戸神田に天文台を設立 白浪五人男
1745 家重 旗本花咲男〈上・下〉小石川御家人物語
1746 「菅原伝授手習鑑」大坂竹本座で初演
1747 桃園 盗賊日本左衛門捕縛。「義経千本桜」大坂竹本座で初演 火宅の坂
1748 寛延元 「仮名手本忠臣蔵」大坂竹本座で初演
1749 魚の棲む城
1750 刺客、江戸城に消ゆ
1751 宝暦元 吉宗(68)没 風雅剣
1752 恋ぐるい波濤剣江戸よ語れ
1753
1754
1755
1756 徳川御三卿 上・下これからの松
1757
1758 田沼意次、大名の列に加わる。京で宝暦事変起こる。郡上宝暦事件で金森頼錦、改易。 受城異聞記
1759 蜻蛉剣戯作者銘々伝
1760 家治 幾世の橋
1761 十一 家重(51)没 始祖鳥記一手千両 なにわ堂島米合戦
1762 十二 後桜町 漆の実のみのる国 上・下
1763 十三 江戸神田に朝鮮人参座を設置 退屈姫君伝
1764 明和元 徳川宗春(69)没 風流冷飯伝
1765 無用庵日乗 上野不忍無縁坂
1766 氷葬大蛇の橋
1767 尊皇思想家の山県大弐、藤井右門ら処刑される(明和事件)。田沼意次、側用人に登用される 鳴門秘帖(一)~(三)青江の太刀~青江の太刀
1768 新潟樽きぬた 明和義人口伝捨て子稲荷
1769 意次、老中格となる。四方赤良ら狂歌会を催す 十六夜華泥棒 鍵屋お仙見立絵解き花櫓写楽まぼろしお仙探索手帖 鐘の音
1770 平賀源内、エレキテルの効用を説く
1771 前野良沢、杉田玄白ら死刑囚の腑分けをする 夕立太平記
1772 安永元 目黒行人坂の大火。東海道・奥羽地方で大風雨洪水 奇妙な刺客 祇園社神灯事件簿
1773 伊勢・尾張で大風雨洪水 青江の太刀~安永小普請の恋青江の太刀~妻敵討ち異聞
1774 「解体新書」できる 笑う花魁 結わえ師・紋重郎始末記居眠り磐音 江戸双紙 朔風ノ岸居眠り磐音 江戸双紙 狐火ノ杜居眠り磐音 江戸双紙 雨降ノ山読売屋 天一郎
1775 「去来抄」刊行 居眠り磐音 江戸双紙 探梅ノ家居眠り磐音 江戸双紙 無月ノ橋居眠り磐音 江戸双紙 朝虹ノ島居眠り磐音 江戸双紙 遠霞ノ峠
1776 家治、日光へ参詣。上杉治憲(鷹山)、藩校興譲館を再興 居眠り磐音 江戸双紙 驟雨ノ町紅椿ノ谷 居眠り磐音 江戸双紙 螢火ノ宿 居眠り磐音 江戸双紙居眠り磐音 江戸双紙 残花ノ庭高瀬川女船歌
1777 剣客商売遍照の海
1778 ロシア船蝦夷地にて通商を要求。伊豆大島噴火 五年の梅瀧桜闇の傀儡師 上・下
1779 光格 桜島噴火。平賀源内、人殺しにより投獄 虚空伝説  餓鬼草子の章京伝怪異帖いのちの螢 高瀬川女船歌居眠り磐音 江戸双紙 更衣ノ鷹 上・下居眠り磐音 江戸双紙 孤愁ノ春江戸職人綺譚源内先生舟出祝
1780 暴れ旗本八代目 けんか凧高瀬川女船歌 三 銭とり橋
1781 天明元 いっぽん桜おぼろ隠密記 妖し小町蛮骨の剣鱗光の剣 深川群狼伝
1782 印旛沼の開墾に着手。小田原大地震 秘剣 鬼の骨
1783 浅間山噴火。与謝蕪村(68)没 斬剣 冥府の旅 同行屋稼業大江戸 女花火師伝雪姫世直し帖 《春色炎の舞》天涯の花 小説・未生庵一甫剣客商売 暗殺者狼奉行蔦屋
1784 佐野政言(28)、若年寄田沼意知(36)を江戸城内にて刃傷。志賀島で後漢の金印発見される 札差殺し 風烈廻り与力・青柳剣一郎地獄の女殺し 玄白歌麿捕物帳玄白歌麿捕物帳剣客商売 浮沈剣客商売 二十番斬り
1785 旗本藤枝外記、吉原遊女綾衣と心中
1786 印旛沼の開墾中止。意次を罷免。家治(51)没 秘伝 陰の御庭番女狐の罠 足引き寺閻魔帳
1787 家斉 松平定信、老中になる。幕府、上杉治憲の治績を賞する。長谷川平蔵、火付盗賊改め役を拝命 深川駕籠鬼平犯科帳 1ながい坂 上・下「鬼平」の江戸水鳥の関 上・下
1788 田沼意次(70)没 草笛の音次郎蒼龍霧の罠 真贋控帳大川わたり損料屋喜八郎始末控え風の山左蝦夷地別件 上・中・下白樫の樹の下で
1789 寛政元 幕府、棄捐令、倹約令を発令。谷風、小野川、横綱の免許を与えられる ずっこけ侍俳人一茶捕物帳 痩蛙の巻
1790 寛政異学の禁。洒落本の刊行を禁止 菜の花の沖 新装版(一)~(六)重蔵始末だましゑ歌麿俳人一茶捕物帳 名月の巻
1791 山東京伝、手鎖五十日間の刑に処せられる じぶくり伝兵衛 重蔵始末(二)喜多川歌麿女絵草紙
1792 島原大地震。ロシア使節ラクスマン、漂流民幸太夫らを護送して根室にて通商を要求 粗茶を一服 損料屋喜八郎始末控え老炎 佐伯右馬之介無明抄北の黙示録
1793 林子平獄死(56) 妾屋昼兵衛女帳面 側室顛末仕舞屋侍
1794 幻の声 髪結い伊三次捕物余話冬の火花 上田秋成とその妻東洲しゃらくさし手鎖心中写楽百面相
1795 長谷川平蔵(50)没 写楽仕置帳 御膳役一条惣太郎探索控鬼平殺し 御膳役一条惣太郎探索控投げ節お小夜捕物控 意休ごろし世継暗殺使 左門
1796
1797 橘花の仇 鎌倉河岸捕物控泣きの銀次算学武芸帳花競べ 向嶋なずな屋繁盛記
1798 近藤守重、択捉島に標柱をたてる 御金座破り  鎌倉河岸捕物控調所笑左衛門 薩摩藩経済官僚政次、奔る 鎌倉河岸捕物控さらば深川 髪結い伊三次捕物余話千葉周作 上・下
1799 十一 幕府、松前藩領の東蝦夷を直轄地にする 銀のなえし 鎌倉河岸捕物控下駄貫の死 鎌倉河岸捕物控はやぶさ新八御用帳(一) 大奥の恋人引札屋おもん 鎌倉河岸捕物控余寒の雪幽霊屋敷の女 はやぶさ新八御用帳王子稲荷の女 はやぶさ新八御用帳剣客太平記はやぶさ新八御用帳 (八)春怨 根津権現夜鳴き蝉 剣客太平記
1800 十二 伊能忠敬、蝦夷地を測量。江戸銀座を蠣殻町に移転する 道場破り 鎌倉河岸捕物控はやぶさ新八御用帳(二) 江戸の海賊いもうと 剣客太平記
1801 享和元 もどり橋喧嘩名人 剣客太平記
1802 蝦夷奉行を函館奉行と改称。「東海道中膝栗毛」刊行 震える岩 霊験お初捕物控
1803 江戸・谷中延命院の僧日道(41)死罪となる 風の宿 川ばた同心御用扣天狗風 霊験お初捕物控(二)大奥延命院醜聞 美僧の寺
1804 文化元 出羽国大地震 一の富 並木拍子郎種取帳雷桜江戸鬼灯北の海明け秋月記
1805 札差市三郎の女房陰流・闇仕置  松平蒼二郎始末帳 隠密狩り朱紋様深川猟奇心中千石船風濤録紀之屋玉吉残夢録 あばれ幇間
1806 ロシア船樺太大泊・久春を侵害 艶女犬草紙千の倉より 取次屋栄三4灰左様なら馬琴の嫁
1807 ロシア船択捉島を侵害。函館奉行を廃し、松前奉行を設置 長い道程はやぶさ新八御用旅 東海道五十三次あやし ~怪~麝香ねずみ 長崎奉行秘録 伊立重蔵事件帖寺侍 市之丞暗殺春秋襖貼りの縊り鬼 浮世の同心 柊夢之介寺侍 市之丞 孔雀の羽浮かぶ瀬 取次屋栄三(7)
1808 間宮林蔵、樺太探検。イギリス船フェートン号長崎に侵入し、長崎奉行松平康英引責自殺 姫路城 凍って寒からず 小説・河合道臣喧嘩侍 勝小吉切腹怨讐の旅路 浮世の同心 柊夢之介 [弐]鯖猫長屋ふしぎ草紙
1809 闇を斬る 刺客変幻闇を斬る 四神跳梁闇を斬る 直心影流龍尾の舞い非道、行ずべからず
1810 闇を斬る 残月無情霖雨蕭蕭―闇を斬る室の梅 おろく医者覚え帖青嵐吹く 御算用日記天地に愧じず 御算用日記捕物犬金剛丸 深川門仲ものがたり
1811 松前奉行支配調役奈佐政辰、ロシア艦長ゴローニンを国後島で逮捕 魔岩伝説殺しはエレキテル 曇斎先生事件帳銭五の海 上・下三鬼の剣薩州隠密行 隠島の謎
1812 隠猿の剣召抱 奥右筆秘帳
1813 涙堂 琴女癸酉日記豪の剣 剣豪 平山行蔵風炎の海林蔵の貌 上・下
1814 十一 「南総里見八犬伝」刊行 北辰の剣 千葉周作 開眼百日紅 上・下
1815 十二 「蘭学事始」できる。中屋六右衛門、千住酒合戦主催 番町牢屋敷幕末袖がらみ奈落の水 公事宿事件書留帳 四鮮魚師泣き菩薩夏天の虹 みをつくし料理帖
1816 十三 ひとでなし 公事宿事件書留帳妖鬼の剣  直心影流・毬谷直二郎背中の髑髏 公事宿事件書留帳 五花暦本所深川ふしぎ草紙日暮し同心始末帖 はぐれ烏ちゃんちゃら残月 みをつくし料理帖日暮し同心始末帖 逃れ道美雪晴れ みをつくし料理帖
1817 十四 仁孝 酔いどれ小籐次留書 寄残花恋酔いどれ小籐次留書 意地に候酔いどれ小籐次留書 御鑓拝借猫の似づら絵師北斎あやし絵帖蘭方医・長崎浩斎 大江戸謎解き帳算学奇人伝日暮し同心始末帖 花ふぶき日暮し同心始末帖 天地の螢日暮し同心始末帖 冬の風鈴
1818 文政元 伊能忠敬(74)没 酔いどれ小籐次留書 孫六兼元騒乱前夜―酔いどれ小籐次留書おおとりは空に槍持ち佐五平の首天空の橋忍者侍☆らいぞう 魚売りのはつ恋に肩入れする
1819 酔いどれ小籐次留書 新春歌会寄場の仇 二本十手捕物控
1820 贋作 天保六花撰出合茶屋代書屋五郎太参る 春風ぞ吹く江戸の見世物千葉周作不敗の剣
1821 幕府東西蝦夷地を松前氏に返却、松前奉行廃す 十花の水 広重人情裁き1三悪人はぐれ牡丹御庭番秘聞海鳴りやまず  八丈流人群像江戸吉凶帳風の市兵衛江戸の六文銭
1822 西国にてコレラ流行 喧嘩御家人 勝小吉事件帖八州廻り桑山十兵衛江戸の検屍官 北町奉行所同心 北沢彦太郎謎解き控中山道 算学奇談オランダ宿の娘包丁人侍事件帖 くらやみ坂の料理番
1823 シーボルト、オランダ館医として出島に着任 渡世人死神幻十郎 冥府の刺客昨日の恋 爽太捕物帖銀簪の翳り江戸切絵図貼交屏風穴屋佐平次難題始末
1824 水戸藩イギリス捕鯨船員を逮捕 殺された道案内 八州廻り桑山十兵衛鶴屋南北闇狂言 櫓の正夢浮世女房洒落日記
1825 異国船打払令を発令。「東海道四谷怪談」江戸中村座で初演 深川澪通り燈ともし頃将軍と木乃伊 江戸国学者・山崎美成一膳飯屋「夕月」 しだれ柳
1826 水野忠邦、京都所司代に就任 劇盗二代目日本左衛門 八州廻り桑山十兵衛密約 物書同心居眠り紋蔵眼鏡屋直次郎大江戸仙界紀千両役者捕物帖左近 浪華の事件帳 遠き祈り
1827 幕末浪漫剣闇の旋風 問題小説傑作選5 捕物帖篇大江戸仙女暦
1828 十一 水野忠邦、老中に就任。シーボルト事件露見 あきんど 絹屋半兵衛 上・下江戸からの恋飛脚―八州廻り桑山十兵衛
1829 十二 松平定信(72)没。シーボルト帰国。「富岳三十六景」できる 一文字屋お紅実事件帳 紅珊瑚の簪命みょうが 半次捕物控眠狂四郎無頼控(一)喬四郎 孤剣ノ望郷 目に見えぬ敵

続きを見る→

時代小説で楽しむ年表:
【戦国時代・安土桃山】【江戸時代前期】【江戸時代中期】【江戸時代後期・明治初期】

コメント

コメント