江戸時代前期編(江戸開府から赤穂浪士討ち入り) | 時代小説年表


時代小説年表

時代小説で楽しむ年表 【江戸時代前期】
江戸開府から赤穂浪士討ち入り
慶長八年(1603)~正徳五年(1715)

←前を見る
西暦 年号 天皇 将軍 できごと 作品
1603 慶長八 後陽成 家康 徳川幕府を開く 胡蝶の剣千姫 おんなの城
1604 巌流  小次郎剣鬼伝
1605 秀忠 半蔵の槍
1606 十一
1607 十二 柳生魔斬刀いだ天百里
1608 十三 名君の碑 保科正之の生涯
1609 十四 家康、島津家久に琉球を与える
1610 十五
1611 十六 後水尾 幻の城 慶長十九年の凶気太閤の城
1612 十七 宮本武蔵、巌流島にて佐々木小次郎を破る。公家衆法度制定 十六武蔵
1613 十八 ジャガーになった男風神の門 上・下
1614 十九 大阪冬の陣。高山右近、国外追放。前田利長(53)病没。古田織部正重然(72)自刃 片桐且元密室大坂城甲賀忍法帖
1615 元和元 大阪夏の陣。高山右近、マニラで没。武家諸法度制定。禁中並公家諸法度制定 洛中の露 金森宗和覚え書
1616 家康(75)没 本能寺六夜物語くノ一忍法帖
1617 吉原に遊郭を許可。後陽成上皇(47)没 暴れ影法師家康外法首あるじは秀吉
1618 天皇家の忍者蝦夷国まぼろし 上・下
1619 福島正則、減封のうえ信濃高井野村に蟄居 入内遺聞夢狂いに候
1620 秀忠の娘和子入内。ウィリアム・アダムス(三浦按針・54)没 水の砦 福島正則最後の闘い
1621 織田有楽斎(75)没 汚名
1622 本多正純、出羽由利に配流
1623 家光 秀忠、家光上洛 忠直卿御座船南海血風録
1624 寛永元 怒濤のごとく 上・下柳生薔薇剣
1625 江戸隠密水軍 白魚の陣十郎荒舞 花の小十郎始末
1626 乱舞 花の小十郎京はぐれ
1627 紫衣事件。吉田光由、和算の独習書「塵劫記」を出版
1628 浜田弥兵衛、台湾でオランダ人を捕らえる。高仁親王(3)没。目付豊島信満、老中井上正就を江戸城西の丸で刺殺し、翌日切腹する。 黄金旅風
1629 明正 宗義成、幕命で朝鮮に使いを送る
1630 備前岡山で、河合又五郎が渡部源太夫を斬殺 ご制外新九郎風月行 邪神
1631 山田長政、シャムにて殺害
1632 秀忠(54)没。加藤忠広、出羽へ配流 孤剣は折れず
1633 奉書船以外の渡航禁止。徳川忠長自殺。元長崎奉行竹中重義切腹。 双眼邪しき者 上 柳生秘剣・中 血涙剣・下 生々流転剣螢丸伝奇
1634 十一 荒木又右衛門、伊賀上野・鍵屋の辻で決闘をする 寛永無明剣伊勢奉行八人衆国書偽造
1635 十二 江戸大地震。対馬事件裁断。日本人の渡航、帰国禁止
1636 十三 伊達政宗(72)没 寛永妖星浄瑠璃いさご波
1637 十四 島原の切支丹蜂起 尾張柳生秘剣死ぬことと見つけたり 上・下武蔵を仆した男
1638 十五 オランダ商船と平戸で交易 髪結新三事件帳竜の見た夢
1639 十六 大久保彦左衛門忠教(80)没
1640 十七
1641 十八 伊達藩、支倉常長を欧州へ派遣する。会津騒動で幕府、堀主水の処罰を認める 雲さわぐ 天草の代官 鈴木重成銭形平次・青春篇保科肥後守お耳帖
1642 十九 後光明 柳生忍法帖 上:江戸花地獄編、下:会津雪地獄編
1643 二十 会津騒動終結、加藤明成所領没収。禁裏御付武士がおかれる 鬼九郎五結鬼灯鬼九郎鬼草子舫 鬼九郎
1644 正保元
1645 宮本武蔵(62)没 火裂の剣 助太刀人半次郎
1646 柳生宗矩(76)没 妖女渡海剣 用心棒・新免小次郎螢の橋
1647 討九郎馳走~あとのない仮名柳生武芸帳 上・下
1648 慶安元 いさご波
1649 かぶき奉行 織部多聞殺生方控
1650 叛旗は胸にありて雪に咲く
1651 家綱 家光(48)没。慶安の変 生きる独眼龍柔肌剣 用心棒・新免小次郎紀州連判状
1652 承応元
1653
1654 後西
1655 明暦元 芭蕉隠密伝 執心浅からず織江緋之介見参 悲恋の太刀
1656 吉原遊郭移転
1657 新吉原営業開始。水野十郎左衛門、幡随院長兵衛を殺害する 蕭々十三年~おごそかな渇き吉原御免状
1658 万治元 虹の刺客 小説・伊達騒動 上・下
1659
1660 家綱、伊達騒動を裁断する 織江緋之介見参 不忘の太刀
1661 寛文元 孤影の太刀―織江緋之介見参柳影江戸藩邸物語 戦場から街角へ
1662 若年寄を設置する 雪 古九谷
1663 霊元 かくれさと苦界行
1664 水野十郎左衛門、自裁を命じられる
1665
1666
1667 山峡の城 無茶の勘兵衛日月録
1668 伏見奉行を廃止し、京都町奉行所発足 浄瑠璃坂の討入り 忠臣蔵への道浄瑠璃坂の仇討ち宵の夢
1669
1670
1671 十一 幕府、伊達騒動を裁断する
1672 十二 江戸浄瑠璃坂の仇討ち 鬼勘犯科帳 初代火盗改・中山勘解由
1673 延宝元 折り紙大名
1674
1675 いさご波
1676 長崎代官末次平蔵茂朝、密貿易の罪で隠岐へ配流 いのちなりけり
1677
1678 東福門院和子(64)没 江戸町奉行所吟味控 比翼塚
1679 幻影の天守閣
1680 綱吉 家綱(40)没。後水尾法皇(85)没 円周率を計算した男
1681 天和元 幕府越後騒動を裁断する 伊達くらべ~江戸風狂伝
1682 八百屋お七の火事 江戸町奉行所吟味控 半鐘
1683 松平忠輝(92)没
1684 貞享元 若年寄・稲葉正休、大老・堀田正俊を刺殺 芭蕉庵捕物帳
1685 生類憐令を発令
1686
1687 東山
1688 元禄元 西鶴「日本永代蔵」刊行 旗本絵師描留め帳 寒桜の恋
1689 小春日の雪女  旗本絵師描留め帳
1690 湯島孔子廟完成
1691
1692 上野介の忠臣蔵
1693 西鶴(52)没。新井白石、徳川綱豊の侍講となる
1694 芭蕉(51)没。「奥の細道」できる
1695
1696
1697 ほうけ奉行 若宮隼人殺生方控こんぴら樽
1698 十一 柳沢吉保、老中の上に列す
1699 十二
1700 十三 徳川光圀(73)没 花や散るらん橘花抄
1701 十四 浅野長矩、吉良義央を殿中で傷つけ自刃 青き剣舞足軽義士~べらんめえ侍用心棒日月抄忍法忠臣蔵 山田風太郎忍法帖2その日の吉良上野介浪速忠臣蔵 いてこませ裏表忠臣蔵妖臣蔵四十七人の刺客禁裏御付武士事件簿 神無月の女まいご櫛
1702 十五 赤穂浪士討ち入り 犬吉討たせ屋喜兵衛 秘剣稲妻柳橋物語・むかしも今も美男忠臣蔵
1703 十六 近松、「曾根崎心中」を上演 孤剣 用心棒日月抄禁裏御付武士事件簿 朝霧の賊砂絵呪縛南天
1704 宝永元 綱吉、綱豊(家宣)を養嗣子とする 刺客 用心棒日月抄密使・光琳 百万両申し受け候
1705 奥義・殺人剣
1706 赤穂事件を題材とした「碁盤太平記」初演
1707 富士山噴火
1708
1709 中御門 家宣 綱吉(64)没。生類憐愍令廃止 密命 見参! 寒月霞斬り
1710 似せ者
1711 正徳元
1712 家宣(51)没 熾火 勘定吟味役異聞(二)破斬 勘定吟味役異聞
1713 家継 紀文大尽舞尾張春風伝 上・下元禄町人武士返り咲き三左 御花畑役秘帖
1714 絵島事件 利休遺偈
1715

続きを見る→

時代小説で楽しむ年表:
【戦国時代・安土桃山】【江戸時代前期】【江戸時代中期】【江戸時代後期・明治初期】

コメント

コメント