異形の者 甲賀忍・佐助異聞


異形の者―甲賀忍・佐助異聞 (学研M文庫)
異形の者 甲賀忍・佐助異聞
(いぎょうのもの・こうがしのび・さすけいぶん)
柳蒼二郎
(やなぎそうじろう)
[忍び]
★★★★☆

歴史群像大賞受賞作。圧倒的筆力!という気になるキャッチに惹かれた。こぶという名の細川家子飼いの天才忍者を描く、スケールが大きい忍者小説で、期待感が高まる。

凄絶な生い立ちの中で類稀な生存本能で生き抜く、主人公こぶの成長物語。血腥い戦国の乱世を忍びとして、異形の者として肉体的なハンディを抱えながらも、純真に爽やかに生きるこぶの姿に感動した。

こぶに限らず登場人物たちのキャラクターがしっかり立っていて、長編ながら安心して最後まで一気に楽しめた。とくに、主人公のこぶを戦場で拾い、飼育する丹波の存在感が圧倒的。この作品を面白くしている。細川忠興や玉子、幽斎など、細川家の人たちも個性的に描かれている。

柳さんの他の作品も読んでみたくなった。できれば、こぶが活躍するものがいいな。

物語●天正二年五月、長篠の合戦場で産み落とされた赤子が、細川家子飼いの乱波(らっぱ)の丹波に拾われた。その赤子は、右のこめかみに大きなこぶのある異形の者で、丹波から「こぶ」と呼ばれるようになった。こぶに忍びとしての天稟を見出した丹波は、過酷な試練を与え、己の奴僕として飼育した…。

目次■第一章 血を吸う赤子/第二章 天井を這う者/第三章 風魔の結界/第四章 伽羅奢の涙/第五章 異形の果て

カバーイラスト・デザイン:妹尾浩也
ブックデザイン:中谷匡児
時代:天正二年(1575)五月
場所:三河国設楽原、笠置、勝竜寺城、近江国伊吹山中、宮津城、大坂城、玉造細川屋敷、天満橋筋、洛南、丹後田辺、小田原、朝鮮半島西生浦城ほか
(学研M文庫・720円・05/01/21第1刷・433P)
購入日:05/02/04
読破日:05/02/25

Amazon.co.jpで購入

コメント

コメント